体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

眼球疲労を解消する方法。目の疲れ胃痛やイライラの原因にもなる現代病

f:id:moguhausu2:20150514092830j:plain

最近の現代病の一つにもあげられるものに、眼精疲労をあげることができます。
目の疲れによっておこる頭痛・肩こり・吐き気などの全身症状が出現するので、「目の疲れ」では済まされない症状にいたることもあります。

今日はこの眼精疲労をもう少し詳しく知り、眼精疲労を解消する手立てを考えていこうと思います。



眼精疲労とは

目の疲れには大別すると、2つに分類することが出来ます。一つは休憩することで回復する眼疲労。もう一つは、休憩をとっても回復しないものをいい、これを眼精疲労と言います。今回はこの深刻な眼精疲労を取り上げます。

眼精疲労の原因は、目に関する筋肉の緊張から生まれるものです。それでは目に関する緊張と言うのはどういう時に起きるのかというと、具体的にはパソコンやスマホなどで画面を見続けるということは、眼球をあまり動かさずに見続けるために眼球自体が休まらないために、目に関する筋肉が緊張し、そこから肩こりや首こりを併発して、そこからさらに頭痛まで引き起こすという、実にやっかないなものです。要は、目の使いすぎが眼精疲労の原因といえます。

他には、視力が悪かったり、メガネやコンタクトが合わなかったり、老眼によって眼精疲労を起こすこともありますし、ドライアイや緑内障などの目の病気によって眼精疲労を起こすこともあります。

また、精神的ストレスによって眼精疲労を引き起こすこともありますので、まさに現代病ということが出来ますね。

眼精疲労の症状

それではもう一度眼精疲労の症状はどういうものがあるのかということをリストアップしてみますと、目に関するものでは

・目の痛み
・目のかすみ
・目の充血
・視力の低下

などです。

目以外にはどういう症状があるかというと、

・身体の痛み
・胃痛や食欲不振
・便秘

などがあり、さらに進行するとイライラや不安感、抑うつ状態になるということもあったりします。

眼精疲労を解消するだれでも出来る4つの対策

眼精疲労を解消する一番有効なのは、まずは眼科に行ってみて、そこで眼精疲労の原因を明らかにして、きちんとした治療で解消することです。ただ、現代人は日々忙しいので、なかなか眼科にもいけないという人もいると思いますので、だれでも出来る対策を4つご紹介します。

1.目を休める

眼精疲労は、目の周りの筋肉の緊張から引き起こされるので、まずは休めることが一番大事です。例えばパソコンで1時間作業毎に10分ほど休憩をして遠くを眺めたりします。休憩が難しければ、目に負担をかけない作業をしてみるという工夫もお勧めです。

2.目を温める・冷やす

目の周りを温めると、結構が改善して、眼の筋肉の緊張を改善します。ただ、目の嫌味や充血をしているときは、暖めず、冷やしてください。

3.リラックスする

ストレスも眼精疲労の大きな原因ですので、リラックスをする習慣をつけて眼精疲労を予防しましょう。具体的には、温めの湯にゆっくり使った入浴をしたり、アロマオイルの香りもリラックス効果があります。また、仕事の合間に腹式呼吸をしたり、趣味を楽しむことも眼精疲労の改善に大きく寄与します。

4.疲労に強い食事をする

疲労に強い栄養素は、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンCですので、これらを含む食品、豚肉、人参、ほうれん草、青魚などがお勧めです。

しかし、忙しい社会人ですと、なかなか日々の生活で十分なビタミンを摂取出来ないと思います。
目をはじめとして、なかなか疲労が抜けない人はサプリメントで補うのも一つの手です。

疲労回復におすすめのサプリは小林製薬の『野菜と酵素』です。



野菜と酵素は十七種類の野菜の栄養を凝縮しており、特に現代人に不足しがちなビタミン類を大幅にカバーしている社会人向けのサプリメントです。

身体の調子が良くない、疲労が溜まりやすい、日中はパソコンと一日中にらめっこしている、外食ばかりで野菜をあまり食べない……などなど、疲れやすい生活習慣を持っている方は、ぜひ野菜と酵素を飲むことをオススメします。

疲れの回復だけでなく、身体全体の健康バランスが良くなり、血液もサラサラになるので身体が楽になります。

ブルーベリーのサプリを摂取する

 ブルーベリーが目に良い、というのは有名ですよね。
 それは迷信ではなく、しっかりとした科学的な根拠があります。

 ブルーベリーに含まれる栄養素アントシアニンは、網膜にあるロドプシンの再合成を補助します。
 ロドプシンは、目から入った光を映像として脳に伝える役割を持った栄養素で、これが目の機能に大きく関わっています。
 このロドプシンが眼球疲労で壊れてしまい、うまく働かないと、目がショボショボしたり細かい文字が読めなくなったりします。

 特にスマホやパソコンといった光の情報が多い機器を長時間利用すると、ロドプシンがどんどん壊れてしまい、再合成が間に合わず目の機能が低下してしまいます。

 ブルーベリーを摂取すれば、このロドプシンの再生力を加速することが出来るので、疲労がたまりにくくなる、眼球疲労が取れる…といった効果が出るのです。

 しかし、ブルーベリーが目に良いといっても、ブルーベリーそのものを毎日食べるのは難しいものがありますね。
 そこでオススメなのが、小林製薬の「ブルーベリー&メグスリノ木EX」というサプリです。



 ブルーベリー&メグスリノ木EXは23種類のアントシアニンを含む、眼球疲労の回復・疲労蓄積を防ぐために作られたサプリです。
 ブルーベリーの中でも最もアントシアニンが多いビルベリーを中心に配合しており、目にやさしい成分がぎゅっと凝縮されています。

 ブルーベリー&メグスリノ木EXの良い点は、ブルーベリーの栄養素だけでなく、血行を良くするためのDHA・EPA(魚に含まれる血行を良くする成分)を含んでいたり、ビタミンB、ベータカロチンなど身体全体の疲労を回復するための必須栄養素も入っていることです。

 「ブルーベリー&メグスリノ木EX」は「健康補助食品GMP」という認定を持っており、医薬品の製造管理基準である「GMP」に準拠する工場で製造されています。

 大手製薬会社の小林製薬だからこそ、サプリの安全性と品質は確かなものですから、コンビニなどに売っている使い切りのサプリよりもずっと効果があります。

 価格もお手頃で、1袋30日分が2100円で購入出来ます。さらに初回のお試しセット30日分は、なんと半額の1080円ですから、使ってみて「ちょっと合わないな」と思ったら辞めることも出来ます。
 継続して使いたい場合は定期お届けコースを選べますが、1ヶ月に1回のお届けだけでなく、2ヶ月に1回、3ヶ月に1回と自分のペースに合わせて配達期間を決めることが出来ます。

 サプリは手軽に栄養素を摂取出来ますから、ぜひ利用してみてください。

まとめ

眼精疲労は、目の痛みだけではなく、頭痛や吐き気、肩こりを引き起こしますので、逆に原因を探し当てて、それらの症状を改善すればスッキリしますから、逆に仕事も効率的にできますよね。

頭痛を抱えながら仕事をしても、仕事を含めた日々の活動には支障をきたします。
ですから、是非、原因を突き詰めて、眼精疲労を解消しましょう!

関連記事

オフィスワーカー、社会人の方におすすめの健康記事です。
血液に良い食べ物や、運動の健康知識をつけて毎日元気に過ごしましょう。
www.otonanomana.net
www.otonanomana.net