体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

お酒は太る?太らない?アルコールのエンプティカロリーとは

f:id:shotaumehara:20150511205033j:plain



皆さんこんにちは、管理栄養士の梅原祥太です。


今回はお酒が太るか太らないかについてです。



飲み会などではお酒は付き物ですね。

しかし、アルコールから摂取したカロリーはエンプティカロリーと呼ばれ、体内に蓄積されることがないものとされています。

「それならお酒を飲んでも太らない?」それは違います。

「お酒は飲んでも優先的にカロリーを消費するから太らない」と考えている方もいるかと思います。



しかし、このように考えるのは危険です。



アルコールから摂取したカロリーを優先的に消費するということは、アルコール以外から摂取したものの消費は後回しになるということになります。



アルコールは1gあたり7kcalであり、このエネルギーを消費するまでの期間は他から摂取したエネルギーを消費しません。



結果、消費されずに長時間、体内に置かれた他の食物などからのエネルギーは余り、消費が遅れ脂肪になりやすいのです。


アルコールは食欲を増進させる。

お酒の席ではおつまみをはじめとした食事もあります。



お酒の席での食べ物は高エネルギー低栄養のものが多く、揚げ物などのトランス脂肪酸が懸念されるメニューも数多くあります。



また、アルコールは摂取することで胃液の分泌が増し、食欲増進ホルモンである「グレリン」が分泌されます。



お酒の席で食べ過ぎてしまった…という方は、このようなことが要因として有り得るのです。


それならお酒だけ飲んでいれば太らない?

「お酒の席には料理やおつまみがあることも、食欲を増進させることも分かった。それなら食事をせずにお酒だけ飲んでいれば太らないのでは?」と思った方もいるかもしれません。



しかし、アルコールだけの摂取でも問題があるのです。



アルコールの分解には肝臓が機能します。



この分解過程において、肝臓は中性脂肪の合成を促します。その結果、脂肪肝を誘発する原因にもなります。


太らないようにお酒を飲むにはどうすべきか。

それでは、お酒を飲むなら太ることを覚悟で飲まなければいけないのか?と思う方もいると思います。



しかし、お酒は上手く取り入れれば太ることなく飲むことも可能です。



まずはやはり量。



1日のお酒からのエネルギー摂取は200kcal程度に留めるのが良いでしょう。



さらに、お酒には蒸留酒と醸造酒に分類されます。



蒸留酒・・・・・純アルコール、または純アルコールを水で希釈したもの。

醸造酒・・・・・純アルコールに糖などが含まれるもの。



よって、蒸留酒を選ぶことが重要になります。



蒸留酒には焼酎やブランデー、ウイスキーやウォッカなど。


逆に醸造酒はビールやワイン、日本酒、サワーなどが分類されます。



蒸留酒はそのまま飲むより、水などで希釈したもののほうが良いです。

アルコールが薄まることで胃への負担が減り、胃液の分泌からくる食欲増進ホルモンのグレリンの分泌も和らげることに繋がるのです。



これは余談ですが、付き合いでのお酒の場合はあまり断ったりすると人間関係に影響します。



そういうときくらいはお酒は楽しみながら飲みましょう。



1日の習慣が乱れたからといって、一気に脂肪に変わり太るということはないのです。



お酒とも上手に付き合い、食生活を整えて健康な生活を送りましょう。


著者:管理栄養士 梅原祥太