体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

扁桃腺が痛い時の原因と対処法。喉の奥が痛い時に気をつけるべきこと

風邪を引くと扁桃腺がはれて痛くなったり、熱をもってしまう人がいます。
扁桃腺が晴れやすい人とそうでもない人と人それぞれですが、扁桃腺が痛むと憂鬱な気持ちになってしまいます。

扁桃腺は子供のころには頑張ってウイルスや細菌から身を守ってくれていますが、大人になると他のリンパ節がメインで働くので、ほぼ役目はなくなります。ただその存在はなくならないため、体力が弱ると真っ先にウイルスにやられてしまいます。

扁桃腺がはれてしまわないように、まずは扁桃腺がはれてしまう原因と対処法をしっかりしておきましょう。


扁桃腺という言葉はよく聞きますが、体のどの部分を指すのかあやふやな人もいます。

扁桃腺は大きく口を開けると見ることができ、手で触れることも可能です。口を開けた状態で喉の奥を見ると、口蓋垂というあごの上の方から垂れ下がっているものがあります。

この口蓋垂の両脇にあるのが扁桃腺です。

通常は小さいですが、垂れやすいためかなり大きくなることもあり、扁桃腺肥大という病気もあります。扁桃腺が痛くなる原因はストレスが溜まったり、体力がなくなると免疫力が低下し、扁桃腺にウイルスや細菌が感染して炎症して扁桃腺炎が起きてしまいます。

扁桃腺炎にはいくつか種類があり、風邪や疲労、気温の急激な変化、過度の喫煙、ストレスなどが原因で起きるのが急性扁桃炎です。
扁桃炎を何度も繰り返して発症してしまうのが慢性扁桃炎で、中咽頭のリンパ組織(後壁・粘膜など)の慢性炎症が原因です。

他にも子供に多くかかる習慣性扁桃炎や扁桃周囲膿瘍などがあります。
急性扁桃炎や慢性扁桃炎の原因は違いますが、状況が悪ければ重度な病気も引き起こしてしまいます。

喉の乾燥を防ごう

扁桃腺がはれて痛みがある時は、まず乾燥させないようにすることが大切です。
扁桃腺は乾燥してしまうと菌と戦う力が落ちてしまい、乾燥が菌の繁殖に有利な環境にしてしまうこともあります。

外出時だけではなく、睡眠中や起きている時もマスクをつけることが重要な対処法です。マスクをつけるだけで喉の乾燥を防ぐだけではなく、さらに菌の侵入を防ぐこともできます。
また普段から口呼吸をしている人は、喉が乾燥してしまいます。鼻には吸い込んだ空気に湿気を与えることができますので、喉の乾燥を防ぐためにも鼻呼吸を意識しましょう。

さらに加湿器を使い、部屋の湿度を保つことや、こまめな水分補給で常に喉を潤すように心がけましょう。

加湿器はUSBに指す安価なタイプもありますが、扁桃腺が弱い人はしっかりとしたプラズマクラスター機能有りの加湿器を購入することをオススメします。
シャープの加湿空気清浄機が、最も性能が高く、乾燥対策にはおすすめです。

扁桃腺の原因になる乾燥以外にも、空気清浄機の機能を使えばホコリや花粉など、呼吸器系にダメージを与える原因となる物質を排除することが出来ます。インフルエンザの感染予防や、ペットの毛、ダニといったものの悪影響も予防出来るので、扁桃腺や呼吸器系への病気リスクが格段に下がります。

値段は張りますが、これが一台あるだけで生活の質は大きく向上しますから、扁桃腺や喉が弱い人はぜひ一台持っておくことをおすすめします。

薬や漢方で扁桃腺の痛みを治療しよう

市販の薬を服用することでも扁桃腺の痛みを抑えることができます。
喉の痛みに有効な薬には、炎症を抑制する消炎酵素や鎮痛成分、抗炎症成分、甲ヒスタミン成分、痛みの原因となっている細菌を消毒・殺菌する成分が配合されています。

扁桃腺に直接あてることができるスプレータイプのものやうがい薬がおすすめです。

また、飲み薬では漢方薬も効果があります。
有名所では、排膿散及湯が扁桃腺の治療に役立ちます。

夏場はきついかもしれませんが、マフラーやハイネックを着て喉を温めると痛みが和らぎます。
タオルやハンカチを巻いても効果があります。

毎日心がけたいことですが、栄養バランスの良い食事と睡眠時間にも気をつけ、規則正しい生活を送ることが大切です。特に食事には気をつけましょう。

ビタミン群を摂取して免疫力をアップさせよう

ビタミンCを摂取して免疫力をアップさせることが大切です。
ビタミンCには免疫力を高める効果があり、扁桃腺の菌に対する力をあげることに繋がりますので、積極的に摂取する方が良いでしょう。

しかし、ビタミンCをはじめとするビタミン群は水に溶けやすく尿として排出されやすいため、なかなか摂取しても吸収されにくいです。
また免疫力アップのために必要な1日の野菜量はとても多く、毎日摂取するのは大変です。

そこでオススメなのが、ビタミン群を効率的にとれるサプリを利用することです。

夜寝る前にサプリを飲むことを習慣化すると、身体の免疫力がぐんとアップします。
オススメのサプリメントは小林製薬の『野菜と酵素』です。

小林製薬の『野菜と酵素』



大手製薬会社である小林製薬が開発、販売しているビタミンサプリで、野菜に含まれる必須ビタミンと、その吸収をサポートする酵素を凝縮したサプリメントです。
ウイルスから身体を守るのに役立つ身体の免疫機能を整えるための必須栄養素が、このサプリで1日分たっぷり補給出来るため、食生活を変えることなく病気にかかりにくくなる強くて健康な身体を手に入れることができます。

特に仕事で忙しく食事を抜きがちな社会人や、年齢による疲れのたまりやすさを日々感じている人は、サプリメントで栄養をカバーすることで扁桃腺炎の発生リスクを最小限にすることが出来ます。

タブレットタイプのサプリメントなので、1日の終わりに飲むだけです。
扁桃腺の痛みをはじめとする体調不良を防止するには、栄養をしっかりカバーして免疫力を高めなければなりません。

ぜひサプリメントを利用してみてください。
扁桃腺が腫れやすい、という体質を改善するのに最も手軽に始められるサプリです。

飲み始めてから2ヶ月程度で違いが実感出来ると思いますよ。

扁桃炎の症状がそれほどひどくなければ、これらの対処法で緩和されることがありますが、38〜40℃の高熱が出たり、食事や唾を飲み込む際に初期段階より痛みが増す、頭痛や倦怠感、関節痛、寒気、頸部リンパ節の腫脹、耳の痛みなどがある場合には速やかに医療機関で受診することが必要です。

扁桃腺は体に侵入してきた菌と最初に戦ってくれる場所です。
扁桃腺が弱っていると体の奥に菌が進んで思わぬ病気になってしまうことも考えられます。

自分の体を守ってくれる扁桃腺の免疫力を高めるようにしましょう。