体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

足が臭くなってしまう原因と対策は?夏の汗ばむ足の消臭法まとめ

汗ばむ季節になると気になるのが汗の臭いです。
特に温かくなると足の臭いが気になって、人前で靴を脱ぐことが憂鬱になる人も多いのではないでしょうか。

本格的な夏になる前に、足が臭くなってしまう原因と対策を理解し、臭いのない快適な夏を迎えましょう。



足の裏は汗っかき

足の裏には体の他の部分よりも3〜10倍の汗腺が集中していて、両足で1日にコップ1杯分、約200ccの汗をかくと言われています。足の裏はこまめに拭くことができないし、歩いているうちにはがれ落ちる足の裏の角質と汗が混ざりあい、靴のなかにバクテリアが繁殖します。

このバクテリアの排泄物が臭いの原因です。

また見過ごしがちなのが、足の爪の間に溜まったゴミや雑菌の大好物の角質も足の臭いの原因です。足をしっかり洗ったつもりでも、爪の間にゴミが溜まっていたり、カチカチに固くなった角質が溜まっている人は臭いが強くなってしまうので注意が必要です。

さらに足を清潔にしているつもりでも、靴に繁殖したバクテリアは元気に生きています。
その靴をまた履いていれば、いつまでたっても臭いを解決することはできません。

靴のなかは高温多湿で雑菌の繁殖には最適な環境です。汗と足の裏からはがれ落ちた角質がバクテリアを増殖させ、靴のなかが臭くなるのです。

靴が臭くなれば当然足にも臭いが移ってしまいます。靴下を履かずに靴を履いたり、ごはんやパスタ、パンなどの炭水化物をよく食べる人は足の臭いがひどくなると言われていますので、注意しましょう。

足臭の最大の敵は水虫

足の臭いの原因にはもう一つあります。
それが水虫です。

水虫は白癬菌と呼ばれる最近が、足の皮膚に寄生・繁殖することによって起こります。白癬菌は足の皮膚だけではなく、爪にも寄生・繁殖し、これが爪水虫です。

最近ではこの爪水虫を抱えている人が急増していて、爪水虫は足の水虫を深刻化させ、独特の悪臭を放ちます。

水虫を引き起こす白癬菌には色々な種類があり、その種類によって現れる症状は様々で酢が、白癬菌も足の臭いの原因となる雑菌やバクテリアの仲間ですので、繁殖する条件もほぼ同じです。

つまり足の臭いがあるということは、雑菌やバクテリアが繁殖しやすい環境であるということなので、当然水虫の原因となる白癬菌も繁殖しやすくなっています。水虫は臭いだけでなはく、れっきとした皮膚の病気ですので、医師の診察を受けて、適切な治療を行うようにしましょう。

足の臭いを消す方法

足の臭いを防ぐ方法は、まず足を清潔にすることが一番です。

入浴の際には爪の中までよく洗い、雑菌の繁殖を防ぐために古い角質を落とすようにします。湯船に浸かり足の角質が柔らかくなったら、軽石などで角質を落としていきます。

この時かかとの角質をゴシゴシと無理にはがすのは止めましょう。傷や乾燥の原因になるだけではなく、皮膚を守ろうとしてかえって角質が溜まりやすくなってしまうので、優しくお手入れするようにしましょう。

またたらいにお湯を張り、重曹を大さじ1杯いれて足をつけたり、清潔にした足にミョウバン水をスプレーするなど、足の臭いの対策をしましょう。

他にもお酢や緑茶、紅茶のティーバック、レモンジューズなどをお湯を張ったたらいに入れて、足を浸すと足の臭い対策になります。

足の臭い対策は足を清潔にするだけではなく、靴のお手入れも大切になります。
幾らお気に入りの靴でも毎日は着続けてしまうと、いつも湿った状態になり臭いがなかなかとれません。

さらに毎日履き続けていると汗は蒸発せずにこもってしまい、雑菌も発生しやすくなり、臭いの原因になります。1日履いた靴は必ず、その後2日休ませるようにしましょう。

できれば新聞紙などを詰めて湿気をとったり、日光に当てて殺菌すると良いでしょう。
下駄箱の除湿も大切です。
新聞紙や段ボールなどを敷いて湿気を取り、あまり靴を詰め込まないように収納することが靴の臭いの予防になります。

足の臭いの対策は清潔にすることと、乾燥させること。
足と靴をきれいにサラッとさせて、足の臭いを気にしないでも靴が脱げるようにしましょう。