体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

子供の熱中症を防ぐために真夏の部活動に行く時は水筒を持たせよう!熱中症対策まとめ

f:id:moguhausu2:20150510110801j:plain
気温が高くなってくると気になるのが熱中症です。

毎年多くの人が熱中症で病院に搬送され、重症になると命を落とす可能性もある怖い病気です。
特に子供は大人に比べ背が低く、地面の熱の影響を受けやすいので熱中症になりやすいとされています。
大人の顔の高さで32℃の時、子供の顔の高さでは35℃くらいになり、大人が暑いと感じる場合は子供はさらに高温の環境化にいることになります。

また子供は体温調節が未発達で、特に汗をかく機能が未熟なため、体に熱がこもりやすく体温が上昇しやすくなります。
気温が体表温度より高くなると熱を逃がすことができず、反対に周りの熱を吸収する恐れもあります。

子供を熱中症から守るためには大人が気をつけてあげなくてはいけません。

児童や生徒は体育の時間や部活動中に多く発生していますので、真夏の部活動に持たせるものなど、子供の熱中症対策を見直していきましょう。



熱中症の原因と症状

熱中症とは室温や気温が高いなかでの作業や運動により、体内の水分や塩分などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇やめまい、体がだるい、ひどい時にはけいれんや意識の異常など様々な症状を起こします。

家のなかでじっとしていても室温や湿度が高いために、熱中症になる場合がありますので注意が必要です。
熱中症は最悪死に至る恐ろしいものです。

まずは熱中症にならないように予防策を覚えておきましょう。

子供は自分で体調の変化をうまく伝えることができないため、大人が子供のちょっとした変化を見逃さないようにしましょう。子供の異変に敏感に感じ取ることが大切になります。

汗をかかなくなる、元気がなくなる、ふらふらしている、顔色が赤くなるなど熱中症のサインを見つけたら、風通しの良いところで休ませ、少量の糖分や塩分を含んだイオン飲料などを与えます。同時に脇の下や首周り、額、後頭部などの体の外からも濡れタオルなどを当てるなどして冷やすようにします。

定期的な水分補給が熱中症対策のカギ

水分補給は熱中症予防の基本中の基本です。
水筒やペットボトルを持ち歩かせるようにしましょう。

子供は大人よりも多くの水分を必要とします。
特に部活動にいく時には水や麦茶などの他にも、スポーツドリンクも持たせると良いでしょう。

喉が渇いたと感じるときには、すでにかなりの水分を失っている可能性があります。
定期的にすこしずつ水分を補給するように教えておくことも大切です。

意識的に涼しい服を着せるようにすることも重要です。

暑さに応じて脱ぎ着できるものや、頭を熱から守るための帽子などを用意するようにしましょう。
また日頃から運動をさせ、暑さに強いからだを作ることも必要です。

いつもエアコンの効いた部屋にいて汗をかかずにいると、暑さに弱くなってしまいますので、暑くなる前から運動をさせることが大切です。

地球温暖化の影響に伴って、年々熱中症患者は増加傾向にあると言われています。
子供は自分で対策がとれないことが多く、熱中症の危険性が増します。
特に乳幼児は自分で水分を摂取したり、服を脱ぐといったことができません。

毎年残念なことに子供を自動車内に放置したことに夜熱中症があとをたちません。
車内の温度は短期間で一気に上昇し、冷房をつけていても何かの拍子で切れることもあります。
季節に関わらず、わずかな間でも、車内に子供だけを残さないで下さい。

熱中症は予防ができる病気です。
熱中症のことを良く知り、しっかり予防するようにしましょう。

また熱中症になってしまった場合はまず応急処置を行います。
40℃を超える体温、意識所外やけいれん、汗がでなくなるなどの症状が見られる場合は、命の危険がある熱射病の恐れがあります。すぐに救急車を呼び、到着を待つ間も体を冷やし続けることが大切です。