体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

タバコ中毒は健康被害だけでなく家計にもデメリット大。賃貸の壁が汚れて敷金なし、たばこ増税、ニコチン中毒の辞めにくさ等々

f:id:moguhausu2:20150504153553j:plain

止めたくてもなかなか止められないのがタバコです。

タバコには多くのデメリットがあり、そのなかでも一番のデメリットは病気のリスクです。
喫煙者は非喫煙者に比べて肺がんによる脂肪率が約4、5倍と高くなっている他、それ以外の多くのがんについても喫煙に夜危険性が増加することが報告されています。また心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患の死亡率が1、7倍、脳卒中も1、7倍高くなるという報告があります。

また喫煙により空気の通り道である気道や肺自体へ影響を及ぼすことが知られています。

慢性気管支炎や呼吸困難、運動時の息切れなどが特徴的な症状である肺気腫、全素kなど呼吸器系疾患の原因と関連しています。

このように喫煙が健康に作用する悪影響は多数の研究結果が発表されていて、喫煙は百害あって一理なしと言われるほどの害の多い嗜好品です。

タバコには4000種類以上もの化学物質が含まれ、そのうちの200種類以上は有害物質とされています。

タバコの3大有害物質はタール・ニコチン・一酸化炭素です。
しかしタバコのデメリットは健康被害だけではありません。
これを読めばタバコを止めたくなる、健康被害以外のタバコのデメリットを紹介していきましょう。



タバコは時間の無駄遣い

喫煙するうえでもっとも大きな無駄は時間の浪費です。
タバコ1本数のにだいたい3分ほど時間がかかります。

1日に1箱のタバコを吸うとすれば3分×20本=60分、つまり1日1時間もの時間をタバコでロスしていることになります。タバコを吸う時間だけではなく、喫煙所にいく時間もいれるとかなりの時間をロスしていることになります。

喫煙中にアイデアが浮かんだり、リフレッシュすることもあるかもしれませんが、健康を害しているのにリフレッシュしていると言えるでしょうか。それなら3分間、目をつぶって休んだ方が身体には良いでしょう。

女性のタバコ中毒は美容に悪い

最近では女性のなかにも喫煙者が増えていますが、喫煙の影響は美容にとって大きなデメリットがあります。

ニコチンは皮膚の慢性的な栄養失調を招き、シミやしわが増えたり、血管が収縮し、血行が悪くなるため肌荒れや冷え性の原因になります。タバコによって血中のビタミンCが壊されたり、活性酸素が増加することで美容には悪影響しかありません。

さらにタバコのヤニは歯を黄色く変色させたり壁紙を黄色くしてしまいます。衣服やカーテンにもやに蛾付着して黄ばみを起こしたり、タバコの匂いが衣服や髪に付き、周りの人に不快にさせることもあります。

これらを元に戻すための時間や費用は、少しづつ家計を圧迫していくでしょう。

どんどん上がるタバコ税

喫煙者のなかにもタバコに多くの税金がかかっていることを知らない人もいます。
タバコの価格のなかには消費税だけではなく、タバコ税などの税金が含まれていて、1箱430円のタバコの場合、1本あたり28円の税金がかかっている計算になります。

タバコ税も大切な税収のひとつかもしれませんが、消費税など多くの税金を納めているにもかかわらず、このような高額なタバコ税を払い続けていいのでしょうか。1日1箱で430円、1か月で12900円、1年で154800円、これだけの金額をかけて健康を害していると言うことを理解しましょう。


いかがでしたか。
タバコには中毒性があるので、なかなか止めることができません。
そんな私もなかなか禁煙することができませんでした。

電子タバコで少しずつ禁煙を

http://e-tabaco.org/user_data/img/colum/kindof6.jpg

禁煙の強い味方として、最近、注目されている電子タバコをご存知ですか?
電子タバコは、タバコ型の吸引器を使ってミントやフルーツの味、香りをつけた水蒸気を吸うことが出来る禁煙グッズとしてテレビや雑誌などで紹介されています。

吸引器はフルーツやミントの香りを霧状で吸えるので、吸引感覚がタバコに非常に近く、2007年頃から禁煙外来でも勧められるようになった補助具です。

前述した通り、口さみしいと、どうしてもタバコを吸いたくなってしまいます。そんな時の、タバコの代替品、減煙用の道具として非常に効果があるのが電子タバコです。
煙が出るタイプ、出ないタイプなど喫煙者のニーズによって事細かに分かれており、その煙もミントやフルーツの香りなのでタバコ特有のヤニ臭さ、ヤニ汚れを回避することが出来ます。

現在、日本国内向けに電子タバコを製造販売している会社の最大手はeTabaco(イータバコ)です。
イータバコは扱っている電子タバコの種類が多く、値段もリーズナブルなので初めて電子タバコを買うときはイータバコを利用するのがおすすめです。

イータバコの通販ページは下記になります。



減煙、禁煙の第一歩に電子タバコはおすすめの方法です。
ぜひ試してみてください。

禁煙外来に通う

禁煙外来では医師のアドバイスト合わせて禁煙補助役を処方してもらえるので、禁煙の成功率が高まります。

ヘビースモーカーを対象にした一定の基準による条件つきではありますが、健康保険を使った禁煙治療もありますので、これを読んで禁煙に興味を持った方、一人では禁煙できない方は試してみてはいかがでしょう。