体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

30代から始める肌のお手入れ方法。肌のダメージ原因を理解してツヤツヤ肌を手に入れるコツ教えます

f:id:moguhausu2:20150506154647j:plain
皆さんは、お肌のスキンケアはどうされていますか?
若い頃は特に何もしなくても気にする事もありませんでしたが、年齢を重ねるごとにお肌は衰えてきます。

“お肌の曲がり角”という言葉を聞いたことはありませんか?
お肌に変化を感じてくるのは30代前半だといわれています。
疲れが顔に出やすくなったかも、老けたかも…と感じるようになったらお肌トラブルの始まりかもしれません。

この記事では肌のダメージ原因やお手入れの方法を教えます。
さっそく見ていきましょう。



肌がダメージを受ける原因

原因としては

内側からのダメージ:睡眠不足・疲れ・ストレス

外側からのダメージ:紫外線・乾燥した空気・化粧品

にわけられます。
ダメージを受けることによって、こんな症状が現れます。

しみ・そばかす:紫外線を浴びすぎることで、メラニンが大量に作られてしまい、しみやそばかすが濃くなる

乾燥:睡眠不足やストレス、ビタミン不足が原因で保湿力の低下、肌のカサつき、化粧ノリが悪くなる

にきび:ビタミン不足、ホルモンバランスの乱れ、過剰分泌された皮脂が毛穴に詰まり炎症を起こす

くすみ:お肌の水分を失うと、毛穴が小さくなり、その部分が目立つようになる

くま:睡眠不足や目の疲れが原因で血液循環が悪くなり、血行が悪くなるとくまとして現れる

たるみ:水分不足、肌の弾力やハリが失われ、筋肉が緩むことで起きる

お肌のお手入れの基本はコラーゲンから

コラーゲンを与えることによって、お肌が生まれ変わることができるのです。
コラーゲンは、お肌に良いといわれています。

ではこれからコラーゲンについてお話したいと思います。
コラーゲンを補うためには、食事で摂るということなのですが、吸収されたものは全てコラーゲンになるわけではありません。
一部はコラーゲンペプチドとなって体内に吸収されるそうです。
コラーゲンペプチドとは、分子量が小さく水によく溶けやすいのです。
そのため、身体に吸収されやすくなるそうです。

コラーゲンによる効果をご紹介します。

骨が丈夫になる

関節炎などの痛みの軽減

髪のハリやコシがでる

傷が治りやすくなる

乾燥肌の改善

爪を丈夫にする

毛穴が小さくなる
などです。
人にはコラーゲンがありますが、加齢と共に少しずつ減り始めます。
コラーゲンは、若々しいお肌を保つのに必要なものだといえます。

コラーゲンの摂取の仕方は、食事から、あるいは健康食品からと様々ですが、自分にあった方法を見つけていただければ良いなと思っています。
コラーゲンを作るには、ビタミンCとたんぱく質が必要です。

一緒に摂る事で栄養効果を発揮しやすくなります。
バランス良く摂取することで美肌効果が期待できます。

コラーゲンの摂りすぎや偏りは脂肪の原因となりますので、ご注意下さい。
1日の摂取量は、5~10gが目安です。

サプリメントで無理なくコラーゲンをとろう

コラーゲンを定期的に食事から取り入れるのは大変です。
そこで、コラーゲンのサプリメントを利用して、定期的にコラーゲンを補給する方法がおすすめです。

コラーゲンのサプリメントはたくさん出ていますが、大手製薬会社の小林製薬から出ているコラーゲンサプリメントが一番メジャーでおすすめのサプリメントです。

小林製薬のコラーゲン&ヒアルロン酸セット



サプリにはたっぷりとコラーゲンが含まれているだけでなく、身体のみずみずしさを保つのに必要なヒアルロン酸も含まれているのでお肌のケアには最適のサプリメントです。
サプリは気軽に出来るお肌ケアなので、ぜひ早いうちからはじめて、お肌の年齢をしっかり保ちましょう。

いかがでしたか?

コラーゲン効果恐るべしです。
現在、自分のお肌の状態はいかがですか?
効果がでやすい人、現れにくい人と個人差がありますが、良質のコラーゲンを積極的に摂るようにすると、効果も現れやすいと思います。
コラーゲンはお肌の味方です。

これからお肌の健康を守るためにもコラーゲンは様々な分野で大活躍していきそうですね。