体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

頭のいい子は食生活が違う。子育てにおける食事の重要性とは

近年、日本人の食生活は欧米化が進み、食事のないようが大きく変化してきています。

特に子供たちを巡る環境の変化によって、子供の食生活も変化しています。
この食生活の変化によって子供たちの成長や学習能力にも変化が見られるようになってきました。

日本人の病気に今までは見られなかった気管支ぜんそくやアトピー性皮膚炎、アレルギー、糖尿病、心臓病などの生活習慣病が現れるようになっています。
成長期になる子供にとって、健全な食生活は健康な体と心を育むために欠かせないものであると同時に、将来の食習慣の形成に大きな影響を及ぼすもので非常に重要です。

子供の頃に身に付いた食習慣を大人になって改めることは、非常に困難です。

子供たちに食の重要性を理解させ、正しい書k製活を身につけさせることは、大人の義務と言えるでしょう。
子供たちの望ましい食習慣の形成に努めるために、子育てにおける食事の重要性を見ていきましょう。


記憶力と集中力をアップする栄養素とは?

子供の知能を考えていく上で、基本となるのが記憶力と集中力です。
記憶力と集中力の強化は頭の回転を速くさせ、学習において重要な役割があります。

この記憶力と集中力は脳の働きによるもので、その脳の働きを決める大きな要素となっているのが食事です。
脳そのものも、脳を働かせるのも毎日の食事が源になっていますので、脳の性能を決め、脳の働きを良くするのも日頃の食生活が大きく関わっています。

記憶力や集中力を高めるために積極的に摂取したい栄養素は多く紹介されています。

脳や網膜細胞に多く含まれ、頭の働きを良くしたり記憶力を高める働きがあるDHA。
脳の中枢神経や末梢神経の機能を正常に保つ働きがあるビタミンB1。
脳の機能を高め、精神を安定させる働きがある亜鉛、脳を活性化させてドーパミンやノルアドレナリンなどを作り出す神経物質の原料になるチロシンなど、脳を活性化させる物質は多く存在しています。

これらの栄養素を積極的に摂取することも大切ですが、子供の知能を高めるには食事の摂り方も重要になってきます。

それは咀嚼の重要性です。

咀嚼によって脳が活発に働く

咀嚼はただ噛み砕いて胃のなかに食べ物を流しているのではなく、脳の働きや管状にも大きな影響を与えます。
良く噛んで食べることは食べ物を美味しさを加持させるだけではなく、脳に刺激を与え、脳が活発に働くようになり、記憶力や集中力を高めてくれます。

また感情にも働きかけ、イライラを防ぎ、感情的になることを防ぐ働きもあります。

カレーライスやハンバーグ、スパゲティなど子供が好む食べ物は柔らかく、あまり噛まなくても食べられるものが多く、これらの食べ物ばかりを食べていると噛む回数が少なくなり、噛む力が弱くなり、脳への刺激が足りなくなります。

良く噛むということが脳へ与える影響は大きくわけて2つあります。

1つは噛むことによって口のなかの感覚神経や味覚が刺激され、その刺激が脳に伝わり脳を活発に動かすことができます。
もう1つは良く噛んで食べることでコレシストキシンを言うホルモンが消化器官から分泌され、血管を通って脳に運ばれ、脳の海馬を言う気管を喜劇するため、集中力や記憶力が高まることです。

こうした科学的なメカニズムで脳の細胞は活発に働くようになり、記憶力や集中力を高め、頭がよくなると言われています。

このように食事は成長発達のための栄養素の補給や、脳の働きを活発にさせるために欠かせませんが、食事にはそれ以外にも色々な役割があります。
食事の場面で親子のコミュニケーションを通した社会性を獲得するなど、食事自体に文化的な価値があります。

お米を発芽十六雑穀にすると栄養バランスがアップする

発芽十六雑穀をご存知ですか?
白米よりも栄養が高く、気軽に栄養バランスを底上げ出来るお米です。

やずやの発芽十六雑穀は雑穀米の中でも味が美味しく、おにぎりにすると子供も喜んで食べるのでオススメです。
詳しい栄養素や口コミなどは、下記の公式ページを御覧ください。

やずやの発芽十六雑穀



食事は子供の生活リズムを作る

子供達は1日のリズムにしたがって生きていますが、その生活リズムは睡眠と3食の食事という大きな因子によって形成されています。
なかでも食事は1日の生活リズムを作る上で重要です。

子供の脳は成長が早いので、小さい頃から脳によい食習慣を実践することで脳の働きや性能を変えることができます。
子供の心と体の健康のため、知能の向上のために毎日の食事を考えていきましょう。