体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ダイエットのモチベーション管理方法。目標の立て方や心構えでやる気を維持する方法とは

痩せたいとダイエットに取り組むけど、誘惑に勝てずに挫折を繰り返している人は多いと思います。
食事制限をしたり、運動をしてもすぐに効果が現れるとは限らないダイエット。

最初はスムーズに体重が減っても、ある一定の時期を過ぎると体重が落ちずに伸び悩んむ停滞期が挫折しやすい時と言われています。
ダイエットに失敗してしまうのは、体重が落ちない停滞期のモチベーションをどう維持していくかが大切になってきます。

途中でこころが折れてしまったら、今までの苦労が水の泡です。

ダイエットを何度も挫折してしまったいる人は、辛くて我慢ばかりのダイエット方法を選んでしまっているかもしれません。
ダイエットを諦めてしまう原因は「続けられない理由」を作ってしまうからです。

仕事や家事が忙しいから、飲み会に誘われたから、運動をする時間がないからなど、ダイエットを諦める理由は幾らでも思いついてしまいます。
どんなダイエット法も継続しなければ結果は出ません。

ダイエットの目標の立て方や心構えでモチベーションを維持する方法を考えていきましょう。


ダイエットの目標を立てる時、具体的な数字を考える人が多いと思います。
1か月で何キロ痩せる、ウエストを何㎝にするなど、芽に見える目標を立てることは良いことです。

サイズを図るという行為がダイエットの気持ちを冷めないようにするきっかけになりますし、数字にしっかり成果が現れると気持ちややる気も盛り上がります。
しかし停滞期になるとこの数字が減らなくなるため、モチベーションが下がってしまい、ダイエットを諦めてしまうきっかけになってしまいます。

ダイエットの停滞期に入ってしまったら、毎日サイズを図るのをやめてしまいましょう。
1週間に1度だけ図るようにし、数字が悪くても次の1週間で巻き返す気持ちで、1日1日のアップダウンに悩まないことがダイエットを長続きさせるコツです。

また目標として立てた数字が、自分に適正な数字かどうかもしっかり見極めることが大切です。
ダイエットをする時に「憧れの女優さんに近づきたい」「モデル体型になりたい」といった目標を立てる人もいますが、その数字は自分にとって適正な数字でしょうか。

同じ身長・体重でも骨格によってスタイルは変わってきます。

ダイエットで大切なのは健康的に痩せることです。

無理に憧れの人に合わせたとしても骨格の構造もひとぞれに違いがあるため、それがその人に似合うとは限りません。
現実的に不可能な数字を目標にしてしまうと、ダイエットを挫折する原因になります。

目標として立てた数字が適確なものか、しっかり見極めましょう。

ダイエットを始める時に、成功した時にやりたいことを書き出してみましょう。
今年こそ水着を着る、ワンサイズ小さい服を買う、温泉にいくなど、どんな小さいことでも書き出して壁に張っておいてはどうでしょうか。
水着や服なら先に買ってしまってもいいかもしれません。

停滞期でダイエットに挫折しそうになったら、それをみてやる気を復活させましょう。
ただ漠然と痩せようと考えるのではなく、痩せた時の自分へのご褒美を設定します。
苦悩のダイエットより楽しくダイエットする方が、気持ち的にも楽ですし、結果が出やすくなります。

太ってくるとウエストの楽なものや、体型がでない服ばかり着てませんか。
ダイエット中はこのような服はやめておきましょう。

数字には現れませんが、地道に頑張っていると体型には変化が現れてきます。
楽な服ばかり着ているとその変化にも気付かなかったり、油断して食べ過ぎてしまうこともあります。

自分に緊張感を持たせるためにも、ジャストサイズの服を選ぶようにし、ダイエットで出てくる体型の変化を敏感に感じるようにしておくことも大切です。
同じように鏡を1日1回チェックすることも大切です。

太っている自分の姿を見るのは辛いですが、自分の今の状態をしっかり把握するためにも鏡を見るようにしましょう。
自分の姿をあらゆる角度で観察して、ダイエットへの意欲を高めることも重要です。

ダイエットは我慢することも多く、本当に辛いものです。
ですが、成功した時の達成感は他ではなかなか味わえません。

最初の目標の立て方や心構えで、モチベーションは変わってきます。

短期間で痩せようとせずに、無理なく健康的にダイエットしましょう。