体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

効果のない嘘ダイエット方法まとめ。りんごダイエット、運動しないでやせるベルトなど痩せない上に健康に悪いダイエットとは?

ダイエットというと体重を減らすことばかり考えて、健康面をないがしろにしてしまいがちです。

「きれいになれるなら」「痩せられるなら」と無理なダイエットを繰り返している人も多いのではないでしょうか。
最近では様々なダイエット法が紹介されています。

飲むだけで痩せるサプリメントや巻くだけで運動しなくても痩せるベルト、ひとつの食材を食べるだけなど、誰でも簡単にすぐ痩せるという言葉にズボラな人は惹かれてしまうでしょう。
もちろんダイエットの効果が現れることも大切ですが、体に悪い影響を与えてしまったら取り返しのつかないことになってしまいます。

正しいダイエットは健康的に、美しく痩せることが一番大切です。
世間で注目されているダイエット法のなかで、痩せないどころか健康に悪い影響を与えてしまうダイエット法をみていきましょう。



単品ダイエットは栄養失調の恐れあり

決められた食材を好きなだけ食べて良いという「単品ダイエット」。

ダイエットに興味のある人は誰でも一度はチャレンジしたことがあるのではないでしょうか。
単品ダイエットは朝・昼・夜の食事の全てを1つの食材だけですませるもので、代表としてリンゴやゆで卵、バナナなどです。

費用や時間もほとんどかからず、時間がない人や面倒くさがりの人には人気のダイエット法ですが、栄養が偏ることから危険視されているダイエット法です。
リンゴはカロリーが低く、ビタミン類や食物繊維が豊富ですし、ゆで卵は良質なたんぱく質が豊富です。

バナナには豊富なカリウムや食物繊維が含まれるため、体内の余分なナトリウムを排出し、便通をよくしてくれるなど、どれもダイエットには欠かせない栄養素が含まれています。

ただし単品の食材のみだと、体に必要な栄養素が摂取できず栄養失調になってしまいます。

栄養失調になると筋肉量が減少し、基礎代謝が落ちるので、単品ダイエットをやめると消費カロリーが落ちているため急激に太りリバウンドしてしまいます。
単品ダイエットはダイエットを失敗する確率が高いだけではなく、健康面にも危険性があります。

栄養失調になるとまず体力、気力が減少し、免疫力が低下していくため、風邪やインフルエンザにかかりやすくなります。
また下痢を繰り返し、脱水症状に陥ったり、血圧低下、不整脈など体に様々な悪影響が現れてきます。

単品ダイエットに用いる食品が栄養価が高いものでも、単品のみの摂取では栄養バランスが悪く、健康に悪影響を与える可能性が高くなります。
同じように極端な食事制限でも栄養は偏ってしまいます。

ダイエット中はカロリーを制限する事は大切ですが、栄養バランスに気をつけることが重要です。

運動しないでやせられるは嘘

ダイエットを成功指せるには、やはり運動が必要になります。

適度な運動をすることで筋力をアップさせ、基礎代謝を高め、痩せやすい体を作ることが大切です。
しかしわかっていても、運動が苦手、めんどくさいという人は運動をしなくても筋力がアップするベルトなどの健康器具を試していることでしょう。

なかでも電気刺激によって筋肉量増加効果をうたった商品は、テレビの通販番組などでも人気になっています。
しかしこれらの商品を使用したことで「ひどい痛みを感じた」などの意見も寄せられています。

これは急激な刺激を与えたことによって筋肉組織に負荷がかかり、痛みの原因となっているようです。
これはいわゆる筋肉痛ですが、普段運動しない人が急激に筋肉に刺激を与えることでひどい筋肉痛を感じると言うことです。

しかし使用法を間違えると筋肉を鍛えるどころか、痛みが慢性化する場合もあります。
電気刺激によって筋肉が受ける負担は思いのほか大きいので、使用の際は注意が必要です。
またこれらの筋肉を鍛えるための健康器具は水ぶくれができたり、かぶれるなどの皮膚障害も報告されています。

このように世間で注目されているダイエット法も、やり方を間違えると痩せないどころか健康被害を与えてしまうものも多くあります。
健康的に美しく痩せるためには、やはり栄養バランスのよい食事と適度な運動が大切です。

短期間に急激に体重を落とそうとするのではなく、時間をかけてゆっくりと自分のペースで無理なくダイエットを行っていきましょう。