体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

激しい運動は逆効果!健康に良い適切な運動量とは?

 運動不足の人に限って、早く運動不足を解消しようと、いきなり激しい運動をしてしまいがち。
 特にダイエットやメタボ予防、脂肪燃焼が目的だと、激しい運動のほうが効果があると思い込みやすいです。

 しかし、呼吸が乱れて苦しくなるほどの運動は、スポーツ選手など常日頃からトレーニングをしている人以外では非常に効率の悪い運動の仕方なのです。

 運動によって筋肉を動かし、体脂肪を分解させるには酸素が必要です。
 激しい運動をして酸素不足になると、細胞に酸素を送り込むことが出来ず、逆に脂肪燃焼の効率が落ちてしまうのです。

 では、適切な運動量とは、どれくらいの運動なのでしょうか?



最大心拍数の60%前後がベスト

 適切な運動量は最大心拍数の60%と言われています。
 最大心拍数とは「もう限界だ」と感じる状態のことを示します。つまり、少し息が切れるくらいで運動を止めると、一番、脂肪が燃焼されるのです。

 激しい運動だと最大心拍数の100%まで達してしまい、酸素不足に陥り脂肪燃焼の効率ががくっと下がります。
 また、運動不足の人が急激に運動をして筋肉を動かすと、肉離れや酷い筋肉痛など、怪我に悩まされるリスクも高くなってしまいます。

 それだけではなく、激しい運動は「つらい体験」として脳に記憶され、継続出来ずに三日坊主で終わってしまいがち。
 アスリートなど高い目標がある人はともかく、ダイエットやメタボ予防など健康目的で運動をしている人にとって激しい運動は百害あって一利なしなのです。

どんな運動をするか自分の体力と相談しよう

 ダイエットやメタボ予防のために運動をしよう! と思った時に、まず考えるべきは自分の体力にあった運動は何なのか? ということです。ジョギングや水泳などは初心者向けですが、それすらも辛そうな場合はウォーキングから始めましょう。
 ウォーキングの利点などについては過去記事を参考にしてください。www.otonanomana.net

 最初はウォーキングのような手軽な運動を続け、1ヶ月~2ヶ月と継続出来たところで、ジョギングや水泳などにランクアップするのが一番継続率が高くオススメです。

 道具などを買い込んで三日坊主になると、お金ももったいないですよね。
 まずは『無理なく継続すること』を最大目標にして運動をしましょう。