体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

スポーツジム通いが続かない人はウォーキングがオススメ!運動不足の三日坊主でも続けられるウォーキングのメリットとは?

http://ketuatu-navi.com/img/ilm19_aa01008-s.jpg

「最近、運動不足だなあ」

 と思った時、お金に余裕のある社会人は思いきってジムに通うことが多いですが、ジム通いを継続するのは難しいですよね。

 ジムはマシントレーニングや水泳など、ちょっと気合を入れないと出来ない運動が多いです。また、ジムが遠かったり、良いカリキュラムが無かったりして、仕事に追われているうちに、だんだん足遠くなってしまいがち。

 そんなスポーツジム通いが続かない人にとってオススメな運動が『ウォーキング』です。
 ウォーキングのメリットについて調べてみました。


歩くという気軽な運動

 ウォーキングはジョギングやジムのトレーニングに比べて、非常に気軽に出来る運動です。
 いつでもどこでも出来るため、例えば仕事帰りに一駅ぶん歩く、普段は車で行く買い物を歩きにする、休日に近所をぐるっと回るだけでも立派なウォーキングになります。

 手軽故に、継続しやすく、またお金もかからないのでスポーツジムのように「お金払ってるのに今日もいかなかった」という罪悪感もありません。

技術がいらない

 ウォーキングは姿勢など歩き方の基本はあるものの、歩くだけなので水泳やジムトレーニングのように特別な技術が必要ありません。
 ジムでの運動だと、どうしても他人の目が気になってしまいますよね。特に初心者の頃は「こんなに下手で恥ずかしい」と尻込みすることも多いです。
 しかし、ウォーキングであれば、そういった心配はありません。

身体への負担が小さく怪我をしにくい

 ジョギングやマシントレーニングですと、怪我や筋肉痛などのリスクがあります。
 それに比べて、ウォーキングはゆっくりとした運動なので身体、筋肉への負担が小さく、捻挫や肉離れなどの心配もありません。

 では、負担が小さいから効果も薄いのかというと、そうではありません。

 ウォーキングは心肺機能の強化、足腰の筋肉の強化、骨の強化、ストレス解消、脳の活性化など様々な効果が期待出来ます。消費カロリーは30分ウォーキングをして100カロリーと少なめで、ダイエットやメタボ予防には不向きに思われがちですが、運動で最も大切なのが継続することです。

 どんなにカロリーを一気に消費出来るトレーニングでも、ハードすぎると1ヶ月すら続けることが出来ません。一時期流行ったビリーズブートキャンプなどは、カロリー消費量は大きいものの、厳しい運動なので三日坊主になる人も続出しましたね。

 ウォーキングの最大のメリットは、負担が少ないからこそ継続しやすいという点なのです。

ウォーキングで生活習慣病や高血圧のリスクを減らせる

 ウォーキングは健康によい運動方法です。負担が小さいながらも、社会人に多い生活習慣病やメタボリック、高血圧などのリスクを減らすことが出来ます。
 特にオフィスワーカーは座りっぱなし、猫背でパソコンにつきっきりなことが多く、足腰の筋力が落ちていたり、心肺機能が低下している可能性があります。

「運動不足だし、そろそろスポーツジムに通わなきゃいけないかな」

 と思っているけれどジム通いが続きそうにない人は、まずウォーキングを週に2~3回行ってみることをオススメします。