体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

恥ずかしくて誰にも聞けない痔の原因と防ぐ方法、痔に効く薬とは?

恥ずかしくて周囲の人に相談できない疾患のひとつに痔があります。

日本人の3人に1人は痔を患っていると言われ、「仰向けに寝れない」「長時間のデスクワークがつらい」「トイレにいくのがつらい」など日常生活に支障がでるほど深刻な悩みを持っている人も多くいます。

恥ずかしさから病院にも行けず、治療がままならないという人も多いようです。

痔になってもあまり痛みなかったり、出血がひどくないからと放っておくと、後々激しい痛みを伴ったり、慢性化してしまう恐れもあります。結果的に手術をすることになってしまわないためにも、痔の原因と予防法、治し方を知っておきましょう。


痔の症状は大きく分けると、切れ痔・いぼ痔・あな痔の3つがあり、痔を患っている人の6割以上がいぼ痔と言われています。
痔にある一番の原因は便通異常、つまり便秘や下痢にあります。

特に切れ痔は排便異常によって起こります。
便秘などで排便が困難になり、それを無理に排出しようとして肛門を傷つけてしまったり、下痢が続くと便が勢いよく通過するため肛門の粘膜を傷つけます。
女性の場合は出産の際にいきんで肛門が裂けてしまい、切れ痔になってしまうこともあります。

血管の一部がコブ状になるいぼ痔も、排便時のいきみや便秘により肛門部への刺激や負担がかかるとこが原因で起こります。
また長時間座ったままや立ったままでいると肛門がうっ血し、いぼ痔を発生させてしまうこと藻あります。
肛門周辺に穴が開くあな痔は、下痢などによって肛門の組織に最近が入り込んでしまうことが原因です。

肛門周辺に傷があったり、抵抗力が弱まっていると感染して化膿し、あな痔を引き起こしてしまう場合があります。

痔を予防するには、まず便通異常を解消することが一番大切です。
便秘や下痢にならないように食物繊維の多い食品をとって便秘を予防したり、暴飲暴食を裂けて下痢にならないようにするなど日頃から正しい排便を心がけることが大切です。

またトイレで強く息まないことも必要です。
強くいきむと肛門にかなりの圧力がかかります。
肛門に負担をかけないスムーズな排便ができるようにしましょう。

また排便後のケアも重要なポイントです。
肛門は緩めたり閉めたりを繰り返し行う場所ですので、しわが多くなっています。
トイレットペーパーで拭くだけでは、そのしわに便を付着させることになってしまいます。
洗浄機つきトイレがあれば理想的ですが、なければ濡らしたティッシュなどで優しく拭き取るようにしましょう。

他にも体を冷やさないようにする、香辛料やお酒、タバコなどの刺激物を控えるなど、肛門に負担をかけない生活を心がけましょう。

痔は治療が遅れると悪化しやすいため、気付いた時点ですぐに病院で治療を受けることが大切ですが、肛門科はなかなか行きにくいことも事実です。
早めに治療するためにまずは市販の薬を使用してみても良いでしょう。

ドラッグストアには様々な痔の薬が販売されています。
自分の痔の症状に合わせて選ぶことが大切です。

痔の薬で有名なのがボラギノールです。
他の商品に比べやや割高ですが、患部に直接届くので効き目は良いようです。
肛門の内と外の痔に使え、4種の成分が痛みやかゆみを和らげてくれます。
ステロイドが入っていないため、慢性化した痔にも安心して使用することができます。

炎症の強い急性の症状に適しているのがプリザS軟膏です。
痛みを抑える成分と腫れやかゆみを鎮める成分、傷口の治りを早める成分が配合されているので、急な痛みや腫れに効果的です。
患部に直接使用する外部薬の他に、内服薬も痔の治療に使用することがあります。

プリザ漢方内服薬は漢方処方「乙字湯」エキスが配合され、痔の原因になる便秘を穏やかに解消しながら、痔の症状を緩和させます。
痔は生活習慣を改め肛門を生活に保ち、薬を用いれば大腿1〜2か月ほどで治ります。
ただし激しい痛みを伴ったり、化膿し悪化するような場合はすぐに医師の診察を受けるようにしましょう。