体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

目をこすりすぎると病気になる?目をこする事で起こる目の病気とは

目にゴミが入ってしまったり、目の中が痒かったりするとつい目をこすりたくなります。
特に花粉症の季節は目のかゆみが我慢できずに、ゴシゴシこすってしまいがちです。
このついやってしまいがちな目をこするというクセは、様々な症状や病気の原因を作ってしまうのです。

目の下の皮膚は他の部分に比べ、皮脂線が少なく、摩擦に弱い部分です。
また目をこすると言うことは目に振動を与えていることに等しく、この振動に耐えかねて目の様々な構造物が影響を受けてしまいます。

目をこするという習慣で起こる健康障害にはどのようなものがあるか、紹介していきましょう。


まず目をこすることで目の表面に細かい傷が入ってしまいます。

目の表面に傷が入ることで目のバリア機能が低下し、外部からのばい菌など煮大しての抵抗力が落ち、感染症にかかるリスクが高まります。
目の感染症のなかでもっとも多いのが結膜炎です。
ウイルス性結膜炎とはウイルスの感染によって引き起こされる結膜炎で、角膜が充血し目ヤニや涙がでて、ごろごろとした痛みがあります。

原因のウイルスにはアデノウイルスやエンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどがあり、いずれも他の人に感染する力も強く、家庭内感染や学校内集団感染の原因にもなります。

アレルギー性結膜炎で目のかゆみを感じ、目をこすってしまうと白目がゼリー状にふくれる結膜浮腫になってしまうことがあります。
これは白目の表面の角膜の下に水がたまることで起こりますが、白目のほんの一部にしわがよった状態から、黒目の周り全周が飛び出してまぶたがうまく閉じられないひどい症状が現れることもあります。

また角膜が不規則な円錐状になる円錐角膜という疾患を引き起こすこともあります。
円錐角膜は角膜が原因不明に突出してくる疾患ですが、目をこすることで外的圧力が眼球にかかり、角膜が突出しやすくなると言われています。
目に細かい傷が入ることで、視力の低下や瞳孔に傷が入ることで光をみると痛みや眩しさを感じる症状が現れることもあります。

我慢できないほどのかゆみがある時には、眼科にいって診察を受けることがお勧めです。

目をこすると感染症のリスクが高まるだけではありません。
発病すると失明する可能性がある網膜剥離や角膜から水晶体の屈折異常にかかるリスクも高まります。

目をこすることで網膜に負担がかかり、網膜剥離を発症するリスクが高まります。
特に角膜から網膜までの軸が長くなっている軸性近視の人は、ちょっとした振動が簡単に網膜剥離を簡単に起こすことがよくあります。
まや糖尿病の人は糖尿病網膜症にかかりやすくなり、糖尿病網膜症にかかると少しの刺激でも目が充血しやすくなり、網膜剥離を起こしやすい状態になります。

そしてレーシックなどの視力回復手術を受けた人は絶対に目をこすってはいけません。
目をこすると手術で形成したフラップという角膜の蓋がとれてしまう危険性があります。
このフラップがとれにくい手術法を行っても安心して目をこすってしまうと、今度は網膜剥離や再度視力が低下してしまうことになります。

目をこするという習慣はこれらの他にも白内障や緑内障など、様々な目の疾患を引き起こすリスクが高まってしまいます。
目が痒かったら洗面器に張った水に目を付けて瞬きをしたり、目薬を指すだけでも多少改善することはできます。

花粉症の場合は、目のかゆみはつらいものがあります。
こまめに洗顔や目の洗浄をし、だて眼鏡や花粉症専用の眼鏡などで対策をしましょう。

またコンタクトレンズを使用している人は、目に傷がつきやすくなっています。
コンタクトレンズの使用法を必ず守り、正しく使用しましょう。

目は非常に大切な感覚器官です。
目の機能が低下してしまうと日常生活経の影響は想像以上に大きいものがあります。
目をこする習慣のある人は大切な目を疾患から守るために、すぐにやめる努力をしましょう。