体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

時差ボケで体内時計が狂うと健康に悪い?時差ボケの予防方法と治療方法とは

時差ボケとは長い距離の移動を短時間で行った場合に生じる、体や精神面の不調を称する言葉です。
その症状が著しく辛い場合や体調不良が発症した場合は「時差症候群」とか「非同期症候群」と呼ばれることもあります。なぜそのような症状が発生するかと言うと、人間の持つ体内時計と移動先の実際の時間の差異からリズムが狂い発症する事が多く見受けられます。

体内時計とは睡眠覚醒やホルモンの分泌のリズム等を維持し実行する体の機能であり、様々な生理現象も1日の中で一定の時間帯に生じやすくなっています。例えば成長ホルモンが深夜に最も多く生成されたり、特定の病気が一定の時間帯に発症しやすくなっているのが一例として挙げられます。

では、具体的にどのような症状が現れるのでしょうか?
具体的な症状とその健康被害について見て行きましょう



① 睡眠障害

出張や旅行で遠距離へ移動すれば時差がある地域への移動はよくある話しです。
時差のある地域に短時間で移動した事によって発症する一時的な症状で睡眠障害の中でも概日リズム睡眠障害という症状です。普通の日常生活では夜に眠り朝に目覚めるといった概日リズムが、環境と同調できていない事が原因で発症します。

② 胃腸障害

時差のある地域を移動すれば人間の体も体力も消耗します。
これは、腸内のバクテリアにも同じ事が起こりえます。

アメリカの専門誌に掲載された研究結果によると、人間もマウスも体内時計の乱れが腸内の最近に同じような影響が出る事が分かりました。人間の被験者は10時間近い時差の移動をし、一方マウスは食事を与える時間と照明の照射時間を変える事により実験を行いました。
双方に同様の影響があり、腸内最近のうち生き残ったのは肥満やその他の疾病に悪影響を及ぼす細菌でした。数週間で元に戻った、とは言うものの腸内細菌を良好な状態に戻すのに数週間を要したという事実があります。

他にも疲れやすい・便秘になる・集中力が不足する、場合によっては頭痛や吐き気を伴う等の影響が時差ボケから派生する健康障害として挙げられています。

その解消方法を考える前に、一般的に言われていることですが若くて体力のある方の方が時差ボケからの解消は早く、移動の際も体内時計のリズムの傾向から西から東へ移動するよりも東から西へ移動する場合の方が若干早く時差ボケからの解消が期待できるようです。

では、予防方法と解消方法について触れていきます。

時差ボケの予防方法と治療方法

予防方法としては当たり前の事のようですが、出発の数日前から体を出張先や旅行先の時間に慣らして行く事が現地についてからの事を考慮すると楽になります。移動の交通機関等の中でも到着時に合わせた行動をし、飛行機のように機内食が出るような場合は多少無理してでも少しは食べるようにすると現地の時間に対応しやすくなります。

解消方法ですが、シンプルに太陽の光を浴びながら運動をする事です。光を浴びるだけでも運動をするだけでもなく両方を同時に行う事が大切です。ただ、運動も無理をし過ぎないように注意してください。予防法や解消法を行っても効果が薄い場合は薬に頼るのも一つの方法です。ここでは一つだけ紹介しますが「メラトニン」という成分が体内時計の調整を促進し、時差ボケの症状を緩和してくれます。

ただし、日本では薬品として取り扱われておりますので入手は困難ですが、アメリカ等ではサプリメントとして販売されておりますので容易に入手できます。

折角の旅行や大切な出張ですから、時差ボケで台無しにならないよう有意義な時間を過ごしてください。