体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

中高年の吹き出物対策。ニキビ治療にいい食べ物や栄養素とは?

大人になってからもお肌の悩みは尽きないものですが、10代の頃はニキビと呼んでいたものもある時期から吹き出物と呼ばれるようになります。
名前だけでも少し悪くなったように感じますが実際にもそうなってしまいます。

過剰な皮脂を抑える努力をすれば良かった思春期のニキビと比較すると、大人のニキビは原因も複雑で治りにくく再発もしやすいのです。突然やってくる招かれざる客のようなニキビに限らず、肌のトラブル全般に言える事ですが自分の生活習慣やそのスタイルを見直してみると原因も見えてきて、具体的な対策も分かってきます。

原因として考えられる事は幾つかあります。



① 睡眠不足

睡眠も長い時間寝ているだけではなくその質も大切になってきます。
肌は概ね1ヶ月で新しい皮膚になり、その状態をターンオーバーと言います。ターンオーバーのスイッチを入れ促進しているのが成長ホルモンという物質で、成長ホルモンは眠りについてから約3時間後に最も活発に作られ、かつ午後10時から午前2時の間が肌のターンオーバーのゴールデンタイムと呼ばれる時間帯になります。

その時間帯に合わせて睡眠を取るのがベストですが、難しい時には良く眠れる工夫をし成長ホルモンが分泌されやすい時間帯には熟睡できるような習慣を身につけることが重要になってきます。例えば直近の1ヶ月の自分の睡眠の状態を考えてみてください。

睡眠不足が肌あれを引き起こすのではなく、肌荒れになりやすい環境を作っています。

② ストレス

大人になると若い頃と比較すれば仕事の環境も変わり、家庭の環境も変わる他日常の様々な環境が変わることによるストレスが嫌でも多くなってきます。
ストレスは自律神経の働きに悪影響を及ぼし、その結果肌あれを引き起こすことがあります。睡眠と同様に自分の環境を見直しストレスを引き起こさないような工夫も必要になります。

③ 雑なお手入れ

忙しい環境が続けばどうしても肌の手入れの時間や手間を省略したり雑になったりしがちです。
清潔な肌を保たなければならなかったり、顔を折角洗っても洗剤が肌に残ってしまったり、肌にいい訳がありません。

④ 油っこい物の取りすぎ

これは年齢が若いからとか、そうでもないとかに関わらずどうしても肌荒れに繋がりやすい行動です。他にも肌荒れの要因となる事は多々あります。自らの日々の生活を見直してみるのは常に実行してみてください。
では、肌荒れの解決策ですが、まずは摂るべき栄養からです。
規則正しい食生活は当然の事とし、肌を強くするためのタンパク質を摂り、他には以下のビタミンの摂取に気をつけてください。

豚肉や大豆等に多く含まれるビタミンB1は新陳代謝を良くし過剰な皮脂の発生を防ぎ、レバーや牛乳等に含まれるビタミンB12は過酸化脂質の発生を抑制します。まぐろや鳥ささみ・バナナに含まれるビタミンB6はタンパク質の代謝に不可欠です。

そして正しい洗顔は雑菌を落とし清潔を保つという意味合いは勿論ですが、肌の保湿の準備という意味でも重要です。その時には力任せでこするのではなく、事前に蒸しタオルで古い角質を柔らかくし毛穴を開け、より優しく丁寧な洗顔を心掛けましょう。

肌荒れがなくなれば気持ちも明るくなりいっそう効果的になるのではないでしょうか。