体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

ランニングシューズの選び方。トレーニング用とレース用に分ける理由とは?

健康志向の高まりなどを背景に、空前のランニング人気が続いています。
近年では女性ランナーの増加していて、おしゃれに美しく走りたいというニーズに応えて各スポーツメーカーからファッション性を追求したシューズやウエアが次々と発表されています。

ランニングを始めようと思ったら、まず用意するのがシューズです。
せっかく走るのだからおしゃれなシューズを揃えたいと考えるかも知れませんが、怪我の予防のためにファッション性を重視するのではなく、自分にあったシューズを選ぶことが大切になります。

ランニングシューズは足を守り、走るスピードをアップさせてくれますが、選択を間違えると足へのダメージが大きくなり、効果が得られないこともあります。

それでは自分にあったシューズの選び方を紹介していきましょう。



ランニングシューズは足の負担を軽くする

ランニング用のシューズは走っているときの足の負担を軽くするための様々な機能が備わっています。
普通のスニーカーやテニスシューズで長時間走ると足を痛めることになるので、ランニング用のシューズを揃えるようにしましょう。
走ると体重の約3倍の衝撃が一歩一歩にかかります。

初心者の場合はその衝撃に耐えうる筋力がないため、クッション性を重視し、衝撃吸収性の高いシューズを選ぶことが大切になります。
上級者向けのソールが薄いシューズは軽快に走ることが可能ですが、足の筋肉が鍛えられていない初心者には着地の衝撃が強いため避けて下さい。

サイズの選び方は普段の靴のサイズより1cm大きめがおすすめです。

走る時には足の指が広がって踏み込んでいく余裕が必要になりますので、足の指が動かせるくらいのゆとりを持たせます。かかとがぴったりフィットして浮かないことも選ぶ時に大切なポイントです。

かかとに隙間があるとヒールカップがしっかりと機能せず、足がブレて関節や筋肉を痛めてしまいます。店員さんに相談しながら、いくつか試し履きをしてみますが、その際にも注意が必要です。

座ったまま試着すると体重が足だけではなく、お尻にも分散されているため、フィット感しか確認することができません。きちんと靴ひもを締め、立って確認することが大切です。

また、ただ履くだけではなく、その場で足踏みをするなど動いた時に感覚を確認することも重要です。

ランニングシューズは用途によって選ぶシューズが異なります。
ランニングシューズには大きくわけて練習用とレース用があり、それぞれ機能が違います。練習用のシューズは着地時の衝撃吸収性や安定性が高く、足腰への負担を軽減してくれます。

また走行時のシューズのねじれを抑制し、効率良く地面に力を伝えることができ、設置面の素材は力を地面に伝えやすくなっています。レース用のシューズは軽くするため機能を最小限に抑えてあり、クッション素材は薄くて硬く、反発性の高いものになっています。

また長い距離を走る時や舗装された固い路面を走る時などによって異なった機能がついているものもあり、走るないようや条件によってシューズを使い分けることができます。

簡単にいうと練習用のシューズは足を守るもの、レース用のシューズのスピードをだすためのものです。
上級者と初心者では走るための足が違います。
走ることで身体や足には想像以上の負担がかかりますが、上級者はそういった衝撃に耐えうる筋力を持っています。

レース用のシューズは上級者には適していますが、脚力のない初心者が使用すると足腰を痛めることがあります。
初心者は練習用のシューズでも十分レースに出ることはできます。

初心者におすすめのランニングシューズ

おすすめのランニングシューズはアディダスのultra boost(ウルトラブースト)です。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cafewriter/20150414/20150414222457.jpg
*1
ブーストフォームというクッション性の高い素材を利用しており、走った時の負担がとても軽いです。接地面は負担のかかる部分にあわせて目の粗さが調整されており、クッション性の高さと安定性、耐久性をバランスよくカバーしています。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/cafewriter/20150414/20150414223011.jpg
*2

通常のシューズとは異なり、走った時に足が軽くなったような感覚を覚えます。ヒザ、足への負担も少なく、怪我防止にも効果が期待出来ます。
値段が2万円と高めですが、そのぶんランニングシューズとしての機能は高く、防水の弱さを除けば足への負担なども考えると十分、買う価値のあるシューズといえます。

万が一、サイズが合わなかった時のことを考えて、返品保障をしているAmazonのアディダス公式ページから購入することをおすすめします。

安いランニングシューズは3000円代のロードジョグがオススメ

練習用のランニングシューズのオススメは3000円代のロードジョグがオススメです。

安めのシューズの中では、履き心地がとてもいいです。
軽くてクッション性もあり、ウォーキング、ランニング共に対応しています。

外見はメッシュに見えますが、メッシュではないので春夏は暑いのが弱点です。

なので、春夏は通気性の高いミズノのマキシマイザーを使いましょう。

ミズノのマキシマイザーは通気性が高く暑い春夏のランニングシューズとしてオススメです。
値段は同じく5000円以内で、クッション性や履きやすさなど十分な性能があります。

ただ、サイズが少し小さめなので、甲高の人は1サイズ大きいものを買いましょう。

1万円以内でランニングシューズを揃えるなら、秋冬用のロードジョグ、春夏用のマキシマイザーと分けると良いでしょう。

最近では3次元足形計測器を設置している店舗もありますので、自分の足を計測し最適なシューズを選ぶこともできるようになっています。

まずはスポーツ専門店などで店員さんに相談しながら、自分にあった1足を探してみましょう。




*1:写真:マルコメモさん「アディダスのランニングシューズ「ウルトラブースト」が普段使いに最高」

*2:写真:マルコメモさん「アディダスのランニングシューズ「ウルトラブースト」が普段使いに最高」