体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

夏のランニングに要注意。熱中症の怖い症状と治療法

http://kids.nifty.com/cms_image/kids/material-other/091104000359/s04.jpg

夏のランニングでもっとも気をつけなくてはならないのが熱中症です。
熱中症とは暑熱環境で発症する障害の総称で、熱失神、熱けいれん、熱疲労、熱射病などに分けることはできます。

近年は猛暑が続いているため、ランニング中の熱中症の危険性が高くなっています。

ランニング中の熱中症自己は適切に予防すれば防ぐことができますが、予防に関する知識が十分普及していないため、熱中症による死亡事故が発生してしまっています。
ランニング中に救急搬送されないためにも、熱中症の症状と予防法、治療法を理解しておくことが大切です。


熱中症の症状は軽度のものから、意識障害を伴う熱射病などの重度のものまで含まれ、重症では死亡することもあるので油断することはできません。初期症状としては脈が早くなる、動悸、頭痛、めまい、尿の色が濃くなる、倦怠感などがあり、これらの症状が現れた時は日陰に移動し、水分と塩分を補給をして安静にします。

これらの軽度の症状に気付かずにいると、次のような症状が現れます。

熱中症の主な症状

熱失神は炎天下にじっと立っていたり、立ち上がった時、運動後に起こります。皮膚血管の拡張と下肢への血液貯留のために血圧が低下し、脳血流が減少することによって起こるもので、めまいや失神など一過性の症状があります。

熱疲労は発汗による脱水と皮膚血管の拡張による循環不全の状態のことで、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などの症状が現れます。スポーツドリンクなどで水分と塩分を補給することで通常は回復しますが、嘔吐などで水が飲めない状態の時には点綴などの医療処置が必要になります。

熱けいれんは大量に汗をかき、水だけを補給して血液中の塩分濃度が低下した時に起こります。痛みを伴う筋けいれん(足がつるような状態)がみられ、下肢だけではなく上肢や腹筋などにも起こります。

熱射病は過度に体温の上昇し、脳機能に異常をきたしたイオン調節が破綻した状態のことです。応答が鈍い、言動がおかしいなどの意識障害がみられ、進行すると昏睡状態になります。高体温が持続すると脳だけではなく肝臓、腎臓、肺、心臓などの多臓器障害を併発し、死亡率が高くなりますので、救急車を養成し、速やかに冷却処置を行います。

熱中症のち療法

熱中症は重症度によりその場や自宅で回復する症状もありますが、一刻を争う症状もあるため病院で適切な治療を受けなければならない場合もあります。

病院で行う熱中症の治療法には、体腔内冷却と言うものがあります。この治療法は体の中から直接冷却させる方法で、胸や腹腔内に生理食塩水を流し入れて冷却する方法や、胃や膀胱洗浄によって体内から熱を下げます。体内の部位を冷やすことにより血液が冷え、血液循環により体温が低下するという治療法です。

ほかには輸液療法も行います。

静脈血管を問うして体内に直接薬液を注入することで、液状の栄養剤を継続的に注ぐ方法です。経口摂取が不可能で脱水症状などにより体液が減少している場合や、血液量が減少している場合に行う治療法です。血管内から体内に必要な水分や熱量、ナトリウムなどを摂取し、血液循環を保持する目的で行われます。

熱中症は重症になると脳梗塞や腎不全、血液の循環不全、心筋梗塞などの二次疾患を発症させる恐れがあります。水分と塩分の補給や涼しい場所で休んで症状が治まっても、できれば早めに病院で診察を受けるようにしましょう。

熱中症は症状がゆっくり進行するので気付きにくく、急に症状が悪化することが多くあります。ランニング中にペースが上がらない、ふらふらする、視界がおかしいなどと感じたら、熱中症の可能性があります。

気付いた時点で日陰で休み、スポーツドリンクを多めに飲んで体を冷やすようにします。

夏場のランニングは水分補給をこまめに行い、無理のない範囲で行うように心がけましょう。