体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

肝炎・肝硬変の怖さは重症化した時におこる合併症。腹水や肝性脳症の恐ろしい症状とは

肝炎は症状が現れにくいため、自覚症状が現れた時には重症化していることが多い病気です。
肝臓は再生能力が高く、炎症を起こし肝細胞が壊れても自ら修復してしまいますが、その力にも限りがあります。
破壊と修復を繰り返すうちに線維化し、肝臓が硬くなり、肝臓が十分に機能しなくなります。

これが肝硬変です。
肝硬変になると怖いのが合併症です。
代表的な合併症を見ていきましょう。



肝硬変の合併症のなかで代表的なのが肝性糖尿病です。
肝臓は食事から摂取したグルコースと言われる成分をグルコースに変えて貯蔵し、空腹時に貯蔵していたグリコーゲンを分解して血液中の血糖値を維持しています。
肝硬変になるとこのグリコーゲンの合成がうまくできなくなり、正常に糖の代謝が行われなくなるため、血糖値の維持が困難になります。

そのため食事の後の血糖値が急激に高くなってしまったり、肝臓に貯蔵されるグリコーゲンの減少により空腹時には逆に血糖値が下がり低血糖状態になってしまいます。
肝性血糖値になると高カロリーな食事を避けるなどの、カロリー制限が必要になってきます。

重度の肝機能障害の影響で急性腎不全を起こす、肝腎症候群と言われる合併症を起こすこともあります。
肝臓と腎臓は深い関係があり、肝機能と連動し症状が出やすい傾向にあります。

肝炎や肝硬変などで肝機能が低下すると、全身の血流に障害が起こります。

すると腎臓は血液量を減らして尿の排泄を抑えようとし、ナトリウムを再吸収するので体液が増加します。
これが腹水になります。
さらに肝機能が悪化すると腎臓の血液はさらに低下してしまうので、尿が全く出なくなって腎不全に陥ります。

さらに危険な合併症が門脈圧亢進症です。

肝臓が硬くなると門脈から肝臓へ流れにくくなり、門脈の圧力が高まります。
この状態を門脈圧亢進症といい、様々な合併症を引き起こします。

まず門脈圧亢進症になると肝臓へ流れるはずの血液が逆流し、食道や胃の静脈をバイパス師て流れるようになります。
そこに大量の血液が流れると血管壁にこぶ状に膨らむ静脈瘤ができ、この静脈瘤が破裂すると大出血を起こします。
突然大量の吐血や下血が起こると血圧が下がり、治療が遅れるとショック状態に陥り、脂肪することがあります。

肝硬変を患っている人は止血機能が低下していることが多いので、ひとたび出血がおきると止血しづらく、大量出血に繋がることも稀ではありません。
この食道静脈瘤や胃静脈瘤は肝硬変の死亡原因の主要なもののひとつで、緊急治療を要する恐ろしい病気です。

食道静脈瘤も胃静脈瘤も自覚症状がほとんどなく、突然吐血して初めて気付くこととなります。
またはタール弁が続いて出血に気付くこともあります。

また肝硬変によって肝臓の働きが悪くなると有害物質の解毒ができずに、血液中にアンモニアが増加します。
さらに門脈圧亢進症により血液が肝臓を迂回し、別の静脈を通るため血液が肝臓で解毒されなくなります。
これらにより血液中に増加したアンモニアが脳の中枢神経に達し、肝性脳症を引き起こします。

肝性脳症の症状としては、意識障害を中心として様々な精神症状と運動症状が現れます。
多幸気分や異常行動、せん妄などを起こし、見当識障害、言語障害も加わり、次第に昏睡状態になっていきます。

肝炎や肝硬変が進行すると、お腹に水がたまる腹水も起こります。
門脈圧亢進症により血しょうやリンパ液が漏れ出すことと、肝機能が低下し血液中の水分を維持するアルブミンの合成が減ることで腹水がたまります。
お腹が張る、体重が急に増えるなどの症状が出た場合は、腹水の疑いがあります。

これらの合併症の中には、命に関わる重篤な病気も含まれます。
予防するためには、まずは肝機能の低下を防ぐことが一番です。

肝臓の働きをサポートするDHA

肝臓に良い食べ物は、魚類です。
魚類に含まれるDHA、EPAは肝臓の働きをサポートし、肝臓の中性脂肪を取り除いて健康な状態にしてくれます。

EPAは、肝臓にたまった脂肪分や血液の中にたまってしまった脂肪を分解する作用があります。
DHAには肝臓の働きをサポートして、有害な脂肪を体外へ排出する役割があるため肝臓の健康に良い栄養素です。

中性脂肪は特にアルコールの摂取でたまっていきますので、お酒をよく飲むひとは魚をしっかり食べることで肝臓を守る必要があります。

しかし、魚は調理が面倒で、独身ですと食べる機会が無い人も多いです。
その場合は、ニッセイが発売しているトクホドリンク『イマークS』を使用すると楽にDHA、EPAを摂取することが出来ます。

【EPAのトクホドリンク】ニッスイのイマークS、初回限定で10本1,000円+送料無料!



イマークSはDHAなど魚に含まれる栄養をカバーするサプリメントで、肝臓の健康維持に関して有効なサプリメントです。

1週間のうち3回は魚料理を食べないと肝臓の動きは改善されないと言われています。
しかし、魚料理をそこまで食べなくても、サプリメントがあれば必要な栄養素を補うことが出来ます。

仕事が忙しく時間がない人などは、ぜひ試してみてください。
血液ドロドロも改善されるので、肝臓の健康維持だけでなく身体全体の健康改善に役立つのでオススメです。

さて、肝炎の診断を受けた場合は、肝機能を高めるために生活習慣を見直すことが大切です。
日頃から肝臓に負担をかけないような生活を心がけるようにしましょう。