体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

朝ごはんに必要な栄養素と理想的なメニュー例

みなさんは朝ごはんは毎日食べていらっしゃいますか?

ビジネスマンや若い人は、よくコーヒーだけだったり、パンやサプリだけだったりと簡単なもので済ます方も多いですよね。
また、「きちんと朝ごはんを食べている」とおっしゃる方の中にも、一日の始まりに必要な栄養が足りていなかったり、メニューがワンパターンになったりしている場合があります。

そこで今回は一日の活力の源とも言える<朝ごはん>に必要な栄養素と簡単にしかもしっかりと栄養をとれるメニューをいくつかご紹介したいと思います。



まず、なぜ朝ごはんがそれほど重要なのかをポイントでチェックしましょう。

1  体温を上げて体が動く準備をさせる
2  基礎代謝を高め、健康なカロリー摂取をする
3  毎日の朝ごはんの習慣で便秘を解消する
4  3食食べることで栄養のバランスを整える

どうでしょうか?
このポイントから言っても朝ごはんはとても重要な栄養摂取の絶好の機会と言えると思います。

さて、それでは朝ごはんに是非とっておきたい栄養素を見てみましょう。

炭水化物(糖質)

ご飯やパンに含まれるエネルギーの源となる成分です

タンパク質

お肉やお魚、卵、大豆に含まれる体を作る主成分です。

ビタミン

緑黄色野菜やフルーツに含まれる、お肌や体の調子を整える成分です。

ミネラル

牛乳やひじきに含まれる、体の組織を生成する成分です。

脂質

バターなどに含まれる体のエネルギー源になる成分です。

このように、大きく分けて5つの栄養素をバランスよくとることが健康な一日を送る一つの目安となります。
しかし、簡単なことのようですが、毎朝の食事をバランスよくしかも、あまりマンネリにならないようにメニューを考えるのはなかなか大変なことですよね。

そこで、手軽に出来て、彩りの良いバランスの取れる朝食の一例をご紹介します。

<卵トースト・サラダ・フルーツヨーグルト>

卵トーストはトーストといり卵を別々で作るよりも調理時間が短く、食べやすいメニューの一つです。材料と時間が少しある時は、ベーコンや玉ねぎ、チーズを加えると一層おいしく栄養価も上がります。

<野菜炒めと根菜汁のバランス献立>

ハムとちんげん菜の炒め物、具だくさんのお味噌汁で栄養満点の和風の朝ごはんです。

<じゃこ納豆とほうれん草と卵のふんわり焼き、野菜とベーコンの和風スープ>

 今日は活動的に動きたい!という日にぴったりなボリューム満点の元気メニューです。
 
 いかがでしたか?

 朝ごはんと一口に言っても、和風・洋風・中華風とバリエーション豊かに、テイストを変えて楽しむことが出来ますね。
 食欲がないときにはお粥やおじやにして胃を労わったり、忙しいときには一品で栄養を取れる具だくさんのスープにしてみたり、体の調子や朝の動ける時間に合わせて、色々と無理のないように変化をさせることも大切だと思います。
 
 今まで朝食を毎日とっている方も、そうでない方も栄養素を知り、バリエーションを持たせることで、健康な一日の始まりが迎えられると考えられます。