体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

急な頭痛の原因とは。頭痛を引き起こす病気と頭痛対策まとめ

http://www.bufferin.net/lunai/img/topic/sp/ha-headache.png

皆さんは頭痛を経験したことがありますか?と聞かれたら大抵の方が「ある」と答えるでしょう。
その原因や症状は様々で、時には重大な病気が引き起こされる場合もあります。

頭痛の種類と原因、そして頭痛が引き起こす病気の代表例と対策をまとめてみました。


まず、頭痛にはどのような種類があるのでしょう。

<一次性頭痛>

緊張性頭痛
片頭痛
群発頭痛
混合タイプ

<二次性頭痛>
クモ膜下出欠
脳腫瘍
髄膜炎
脳出血
慢性硬膜下血腫

大きく分けてこのように<一次性頭痛>と<二次性頭痛>に分けられます。

一次性頭痛は主に「頭痛もち」といわれる頭痛で、頭部周辺の筋肉の緊張や、血管の拡張によって起こるとされています。これはとくに明確な病気があるわけではないのに、繰り返し起こる頭痛です。
二次性頭痛を引き起こす病気には危険なものもあります。
危険な頭痛の場合には、どのような症状があるかみてみましょう。

・頭をバッドで殴られたような痛み、吐き気やおう吐を伴う
・後頭部がつよく痛み、うなじが硬くなって体を動かすと痛みが増す
・高熱を伴い、手足がしびれる、感覚が鈍る、動かせなくなる
・意識がぼんやりしている、ろれつが回らない
・徐々に頭痛が悪化していき吐き気がないのに突然吐く
・少し前に頭を強く打った経験があり、頭痛のほかに麻痺や尿失禁などがある

このように危険な頭痛には付随する症状がいくつかあります。
急な頭痛が起こったり、付随する症状がある場合は迷わずに病院へ受診しましょう。

また、一次性頭痛においても、いつものことだと慣れっこにならないで、医師に診断してもらうことで快適な生活を送ることが出来ますので、お勧めします。

では、一次性頭痛において、日常生活で出来る対策法をあげてみましょう。

① 飲み物で防ぐ

カフェインを多く含んでいる飲み物は鎮痛作用、脳の血管を収縮させる働きがあり、主に片頭痛に効果的です。ただし、カフェインの過度な摂取は依存性を高めるため、コーヒーであれば1日1~2杯が目安です。

② 部屋を暗くして寝る

頭痛の最中に体を動かすと痛みが増し、人によっては光や騒音、匂いなどで痛みが増すこともあります。
休める環境であれば暗く静かな部屋で眠ることをお勧めします。

③ 首の後ろを冷やす

首の後ろにある血管を冷やすことで、血管が収縮して頭痛が軽減されます。
アイスノンなどでズキズキと痛む箇所を冷やすのも効果的です。

④ 眼精疲労・肩こりが原因の時は温める

眼精疲労や肩こりが原因となる緊張型頭痛は、血管が収縮するために起こります。
そのため優しくマッサージをしたり、首元や目元をじんわりと温めることが有効です。

このように色々と対処法がありますが、冷やすか温めるかは人によってタイプが違うので、ご自分のタイプ(どちらが頭痛の緩和になるか)によって使い分けるとよいでしょう。
また、人込みや騒音を避けることによって頭痛が引き起こされるのを防ぐこともできます。
最近では、頭痛アプリなどで気圧の状態を調べて事前に対策を出来る方法などもありますので、ぜひ利用してみるのもいいでしょう。

ご紹介した対策以外にも、ご自分に合った頭痛の回避方法や、対処法を見つけて実践するのも良いと思います。