体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

食べたあとにすぐ寝ると逆流性食道炎になる!逆流性食道炎の概要と胃に優しい食前食後の習慣まとめ

近年は日本で増加の傾向にある逆流性食道炎
60歳以上の高齢者に多く発症し、特に女性の高齢者に多いと言われております。

逆流性食道炎が増加傾向にあるのは食事スタイルの欧米化や社会全体の高齢化などが原因とされておりますが、ここでは逆流性食道炎にならないための生活習慣や対処法などを解説していきましょう。



逆流性食道炎の症状

まず、食後に胸に熱いものがこみあげてくるような感じがする胸やけ。
次にのどがつまり、食物を飲み下すことが困難になる嚥下障害(えんげしょうがい)、そして、すっぱいものや苦いものが口まであがってくる呑酸(どんさん)、これらが逆流性食道炎の三大症状と言われております。他には、激しくせきこんでしまう咳、これは喘息とも関係があるともいわれております。さらに胸部にしめつけられるような痛みを感じる胸痛などが代表的な症状です。

逆流性食道炎の原因

逆流性食道炎は逆流した胃酸が食道の粘膜を荒らすことによって起こります。しかし胃酸が逆流する原因は様々なことが考えられます。まずは胃酸の過剰分泌でしょう。食生活の欧米化により肉や油っこい脂肪分の多い食生活が日常的になると、胃の活動が活発になりすぎて胃酸の分泌量が増えすぎてしまう結果になります。

また食べ物の過剰摂取も胃の活動を活発にし、胃酸の過剰分泌を招いてしまいます。次に考えられるのが下部食道括約筋の機能低下が考えられます。食道と胃のつなぎ目にある下部食道括約筋は、胃から食道への逆流を防ぐ働きをする筋肉であり、この下部食道括約筋が、胃の手術や老化などにより機能が低下してしまうと、胃酸の逆流を抑えることが出来なくなります。

高齢者に逆流性食道炎の患者が多いのはこのためです。肥満やベルトなどによる腹部の締め付けも逆流性食道炎の原因になることがあります。具体的には、しゃがんだり重いものを持ったりするなど力むことにより胃が圧迫され腹圧が上昇してしまい、その結果、胃酸の逆流が起こりやすくなるというものです。

逆流性食道炎の予防

まずは「腹八分目」を心がけましょう。脂肪を多く含んだ食べ物や、甘いものは胃酸の分泌を促進させるため、出来るだけ控えたほうが良いでしょう。また、食事を食べた後、すぐに横にならないことも大切です。そして早食い、食べすぎは絶対に避けなくてはなりません。

逆流性食道炎の治療

まず、日常生活においては消化の良いものを取るように心がけることが大切です。過食や食後横になるなどの逆流を増強する行為を避け、就寝時には頭を高くするなどの注意が必要です。病院などでは主に飲み薬が使用されますが症状をやわらげる対症療法が中心となります。

逆流性食道炎は、再発しやすい病気と言われているため自覚症状がなくなっても、生活習慣と食事に気をつけることが大事です。普段から背筋を伸ばし姿勢を正すことが重要です。

前かがみにならず、お酒・タバコは控えるように注意し、適度な運動を継続するなどの生活習慣の改善も必要です。また、ベルトや下着などで締め付けないように注意し、重いものなどはなるべく持ち上げないようするなどを心がけるようにしましょう。