体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

初期症状が無い肝機能障害をどう予防する?肝機能の検査方法【血液検査・腹腔鏡検査】まとめ

肝臓機能障害とは肝臓が何らかの異常によって障害を受けることによって、その機能が正常に働かなくなることをいいます。
肝臓胃は再生能力があり、予備能力に富んでいるため、多少のダメージや素湯貝では影響を受けません。

そのため肝臓機能障害には初期症状がほとんどなく、末期にならないと症状が自覚できないという特徴があります。
どんな病気でも早期発見が大切ですので、肝機能の疑いがある場合はすぐに病院で検査を行うことが大切です。


肝機能の異常は血液検査によってわかります。
肝臓には肝細胞・胆管細胞に接するように血液の通り道があるため、簡素伊棒や胆管最奥に問題が起こると肝臓内の物質が血液中に漏れ出します。
そのため肝臓から漏れ出した物質の種類と量を計ることで肝機能を検査することができます。

肝機能検査で代表的なものはGOT、GPT、γ−GTPで、これらは肝細胞などの中に存在するタンパク質の一種で、肝細胞の中では酵素という働きを担っています。
正常では血液中にわずかな量が存在するだけですが、肝細胞が色々な原因で壊されるとこれらのタンパク質が流れ出し、数値が上昇してきます。
肝機能障害は肝内胆管が炎症などによって引き起こされることもあり、この場合には胆管内に多くあるタンパク質の一種であるALPやLAPが上昇します。

アルコールや炎症などによって長い間肝細胞が壊されると正常な細胞が減り続け、そのかわり繊維細胞が増えていきます。
これが慢性化をいわれる状態で、血液検査ではZTTやTTTと言われる数値が上昇していきます。

肝機能障害はこのような血液検査による数値によって診断されますが、慢性化や肝硬変の程度は血液検査だけでははっきりと判断することが難しく、より正確な診断をするためには腹部にレンズやその他の装置の付いた細長い筒を挿入し、腹腔内臓器を肉眼で観察する腹腔鏡検査も行うことがあります。

その際、必要とあれば病変と思われる肝臓の一部を採取する肝生検も行われます。
他にも腫瘍の有無を調べるための腹部超音波検査や、内視鏡などで観察できない腹部の病変を診断するCT検査などが病状に合わせて用いられます。

初期の肝機能障害と言われる脂肪肝には疲れやすい、体がだるく感じるなどの症状があるとされていますが、多くの場合はほとんど自覚症状がありません。
またウイルス性肝炎やアルコール肝炎も初期であると症状がほとんど現れませんが、アルコール性肝炎の場合は急に症状が出ることも少なくありません。

強い黄疸・発熱・震え・吐き気・腹部の不快感や痛みなどがあり、意識障害などの精神症状を伴うこともあります。
肝炎が進行した末期症状である肝硬変や肝臓がんも、初期檀段階ではその症状に気付けないことがほとんどです。
症状が進行してから食欲不振や黄疸、倦怠感、腹水などが現れるようになります。

これらの肝機能障害になっていなくても疲れがとれにくい・尿の色が濃くなる・上腹部に違和感がある・下肢がむくむ・脂っこいものを食べると胃がむかつくなどの症状が感じられる場合は、肝機能が低下している可能性があります。
病状が悪化し、肝硬変を併発してしまうと肝臓本来の機能を果たすことが困難になり、一度硬くなった肝臓は元通りにはならず、治療も困難になります。
早めに医療機関で受診し、少しでも早く肝機能を回復させましょう。

肝臓は強力な再生機能があるため、肝機能の低下は生活習慣を見直すことで回復に向かいます。
アルコールの飲みすぎや暴飲暴食、添加物、加工食品などを控え、栄養バランスの良い食事と程度な運動を心がけるようにしましょう。

肝機能障害は定期的に検診を受け、適切な治療を行えば改善されます。
重篤な病気になる前にしっかりと対処していきましょう。