体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

胃を痛めないための胃痛予防。胃に優しい食べ方や生活習慣とは?

胃は消化の第一段階を受け持つ大切な臓器ですが、傷つきやすく、暴飲暴食やストレス、不規則な生活などで不調に陥りやすい臓器です。
また年齢とともに働きが衰えることも避けることはできません。
健康的な生活を送るためには無理をさせず、大事に労って挙げることが大切になります。

まず胃を痛めないために重要なのが、食べ物に気をつけることです。


ニンニクや香辛料などの刺激物や、アルコール、カフェインが多く入って飲み物は胃粘膜を荒らすだけではなく、胃酸の分泌を促進させますので、摂りすぎには気をつけることが大切です。

また脂っこい料理、繊維質の多い食べ物など消化に悪い食べ物や、塩分の強い料理も胃に負担をかけてしまいます。
胃粘膜には知覚神経がないため、あまり感じませんが、極端に熱いものや冷たいものも大きな負担となります。
疲れや食べ過ぎなどで胃の調子が良くない時は胃を刺激する食べ物は避け、消化がよく味付けも薄めにして胃の負担を軽くすることが重要です。

食事の食べ方にも気をつける必要があります。
早食いや大食いなどの食べ方は胃に最も負担をかけるだけではなく、肥満の原因にもなります。
特に早食いは胃の消化に負担をかけ。無意識に空気も一緒に飲み込んでしまうため。胃が膨らんでいもたれの原因となります。
食事はゆっくりとか噛んで摂るようにしましょう。

また食事は規則正しく摂ることも大切です。
食事の間隔が短すぎても胃に負担がかかりますが、空腹の状態が長く続くと胃液が過剰に分泌され、胃を痛める原因になります。
食事を摂る時間帯にも気をつける必要があります。

運動時や入浴時、就寝時などは胃の働きが鈍くなりますので、これらの前にはなるべく食事を摂らないようにしましょう。
特に就寝前に食事を摂ると胃に長時間食べ物が滞留し、胃もたれや膨満感の原因になります。
3食規則正しい時間に、良く噛んでゆっくり食事を摂るように心がけましょう。

胃を痛めないためには食事以外にも気をつけなくてはいけないことがあります。
特にストレスは胃と深く関係しています。

そもそも胃は自律神経の影響を大きく受けていてます。
自律神経は内蔵やホルモン、神経、免疫力などの働きをコントロールし、体内の環境を整える神経で、緊張時に働く交感神経とリラックス時に働く副交感神経が交互に働くことで、バランスを保っています。
ストレス状態が続くことで自律神経のバランスが乱れ、胃酸の分泌量が増加し胃粘膜を傷つけてしまったり、胃の働きが鈍くなることで消化吸収が正しく行われなくなったりします。

さらに胃の粘膜に血液が行き渡らなくなり、粘膜そのものが弱くなってしまうことがあります。
現代社会でストレスを避けることが難しいですが、ストレスト上手に付き合い、ストレスを溜めないことが大切です。

趣味に打ち込んだり、ゆっくり入浴する、音楽を効くなど自分なりのストレス発散法を持ちましょう。

肉体的ストレスも胃にはよくありません。
激しい運動や仕事のしすぎなどで過度の疲労状態になると胃粘膜の防御力が低下したり、出血したりします。
同じように発熱や怪我など体の神経系に変調をきたしても、胃を傷つけてしまいます。

また睡眠もストレス解消には有効です。
睡眠不足も自律神経の乱れから消化機能が低下し、食欲の減退や胃もたれなどが起こりやすくなります。
胃を痛めないためにも良質な睡眠をしっかり摂って、心と体をしっかり休ませることが必要です。

さらに胃だけではなく、様々な疾患の原因となる喫煙にも注意が必要です。
喫煙は胃の血行を阻害し、胃炎や胃潰瘍など胃に直接的な害を及ぼします。
無理な方法で禁煙を行うとさらにストレスを溜めることになりますので、禁煙外来を利用するなどして、健康のために禁煙をしましょう。