体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

猫背を治すストレッチの健康効果とは?毎日継続することで怪我や肩こりを防ぐ

昨今の健康志向の高まりにより、食事の摂り方やサプリメントの摂取を工夫したり、または多岐に渡る運動を楽しむ方も多くなってきています。

そのような環境の中で好きな運動やスポーツを楽しく継続するために、また日常の生活を健康的におくるためにもストレッチを日常生活の中に取り入れてみてはいかがでしょうか。

ストレッチとは体の筋肉を意図的に引っ張り、伸ばす事によりその筋肉をより良い状態にする運動です。筋肉の柔軟性を高め関節の可動域を広げる事により筋肉痛の緩和や腰痛・肩こりにも治癒効果がある等大きな効果が期待できます。皆様の中にも日頃の生活の中でふとした動きの中から自分の体の硬さに気付かれた方も少なからずおられると思います。


柔軟性を保つ事ができるストレッチ

人間の身体は、加齢に伴い常に体を動かす等をしなければ柔軟性は徐々に損なわれていきます。
柔軟性が損なわれるということは筋肉が固くなり、関節の可動域も狭くなっていく状態の事で、その結果として筋肉痛や関節痛を生じることも多くなるでしょうし、捻挫などの怪我も必然的に多くなります。

また、昨今携帯電話、特にスマートホンの利用やパソコンの使用で前屈みの姿勢を長く続けるケースも多くなっています。前屈みの姿勢が長く続けば猫背になりやすく猫背になれば肩凝り・腰痛の要因にもなります。

歪んだ背骨は自律神経が通っているため場合や状況によってはマイナス思考を繰り返す原因にもなり得ます。このような様々な弊害を取り除き健康的に生活できるようストレッチをお勧めしているのですが、実際にストレッチはどのように、いつ行えば効果的なのか等の疑問も出てきます。

ストレッチする際の注意点

①体が暖まった状態で行うのがベストです。

②あまり反動は付けずに徐々に負荷を高めていき、痛みを感じる前でお止めください。
 無理をしすぎると筋肉等を痛める結果になってしまいます。

③人により体の硬さが違います。男女の差、
 年齢による差等条件は異なりますのであくまでも自分のペースを守って取り組みましょう。

④毎日続けて実行することが大事です。
 ストレッチは即効性がある物ではありません。日々の積み重ねで効果が出ます。

⑤怪我をした部位のストレッチは悪化を招く恐れがあるので厳禁です。

以上をお守り頂き、タイミングとしては寝る前や入浴の後、スポーツの後や座って長時間仕事をした合間が効果的だと言われています。疲れを取り柔軟性を保つという事で大切な事だと思います。

そして、体の筋肉を伸ばすと言っても筋肉は沢山あるしよく分からない、という疑問もあるでしょう。

今はインターネットでもストレッチに関する情報は多く取り上げられておりますので参考にされるのもいい事ですし、その中で自分に合った物を継続して実行していけばいいかと思います。また、参考文献も出版されており公的機関でのスクールもありますので最寄りの役所に問い合わせてみる、また、民間のスクールもありますので間違えたスチレッチで怪我をされたりしないように励んで頂きたいです。