体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

鼻水が止まらない原因は何?一年中発症のリスクがあるアレルギー性鼻炎の様々な原因

風邪を引いたわけでもないのに、くしゃみや鼻水、鼻づまりに悩まされ、集中力が落ちて日々の仕事や勉強に差し支えるという症状がある人はアレルギー性鼻炎の可能性があります。
アレルギー性鼻炎は何らかのアレルギー物質によって引き起こされるもので、アレルゲンが鼻に入るとアレルゲンの侵入を防ぐかのように鼻が詰まったり、くしゃみや鼻水という症状でアレルゲンを体の外に追い出そうとします。

これらの鼻の症状の他にも目のかゆみや咳、頭痛、喉のかゆみ、皮膚のただれなどの症状を伴うこともあります。
アレルギー性鼻炎は年間を通じて起こる通年性のものと、一定の季節に限って起こる季節性の2種類があります。



季節性のアレルギー性鼻炎の原因は花粉

季節性のアレルギー性鼻炎の原因は、スギやヒノキ、ブタクサなどの花粉が原因です。
花粉がアレルゲンとなって起こるアレルギー性鼻炎を花粉症といい、花粉症の原因となる花粉には色々な種類があります。

花粉症の代表と言えばスギ花粉による花粉症です。
スギ花粉は2月から5月にかけて飛散し、くしゃみや鼻水、目のかゆみなどの症状が現れます。

スギ花粉のピークが過ぎる頃から飛散量が増えるのがヒノキの花粉です。
スギ花粉と同じような症状が現れるため、スギ花粉のシーズンが過ぎても症状が治まらない場合はヒノキ花粉による花粉症の可能性があります。

スギやヒノキが少ない北海道で多く見られるのが、シラカバの花粉による花粉症です。
このシラカバの花粉に反応する人はフルーツのアレルギーが起こりやすい可能性があります。

秋に鼻炎の書状が現れる場合は、ブタクサが原因の花粉症です。
最近では温暖化の関係からか、秋に春に飛散する花粉が多く計測されたり、春に秋の花粉が越冬したりすることもあります。
気になる症状が現れている場合は早めに医療機関で診察を受け、自分が何の花粉に反応するかを調べることが大切です。

通年性の鼻炎はハウスダストやダニの可能性大

花粉症の原因となる花粉の飛散がない冬場や一年中鼻炎の症状がある場合は、通年性のアレルギー性鼻炎の可能性があります。
通年性の主な原因はハウスダストと言われています。
ハウスダストは室内塵のことで、砂塵やフケ、カビ、線維、最近など微量の物質が集まってハウスダストになります。

アレルゲンが複数混ざり合っていますので、アレルゲンの特定をする時にはダニの検査も一緒煮行うようにしましょう。
ダニが原因の鼻炎は、室内に生息するヒョウヒダニの糞や死骸を吸い込むことで引き起こされます。
ダニは蒸し暑い梅雨の時期に繁殖し、ほこりに含まれているフケなどをエサとしていますので、室内の通気をよくして、カーペットや寝具の掃除や洗濯をこまめに行うようにしましょう。

ゴキブリの死骸や糞、空中に浮遊する蛾の鱗粉や鱗毛、蚊の一種で川や沼などで大量に発生するユスリカなどもハウスダストに紛れ込み、アレルギー性鼻炎を引き起こすことがあります。
こまめな換気と掃除を心がけ、アレルゲンをなるべく排除するようにしましょう。

犬や猫などのペットもアレルギーも原因になる

またアレルギー性鼻炎の原因が犬や猫、インコ、ハムスターなどのペットが原因の場合もあります。
犬や猫の唾液・毛・フケなど、インコなどの鳥類の羽や糞など原因でアレルギー鼻炎を引き起こスコとがあります。

特にアレルギー性が強いのがハムスターやウサギ、モルモット、ねずみなどのげっ歯目です。
げっ歯目類の尿が乾燥すると尿に含まれるタンパク質が飛散し、それを吸い込むことで鼻水や咳などのアレルギー症状が引き起こされ、重くなると喘息や呼吸困難を引き起こします。
ペットが原因の場合は飼育を中止することが一番ですが、ペットも大事な家族の一員ですので、ペットのトイレやケージを清潔にするなど対策をすることが大切になります。

アレルギー性鼻炎はこれらの他にも化学繊維やシャンプー、石鹸、タバコ、薬などもアレルゲンになります。
特に薬の中でもアスピリンはアレルギーの原因になりやすいため、注意が必要です。
アレルギー性鼻炎を改善するためには自分の状態を知ることが重要です。
まずは医療機関で血液検査を受け、自分のアレルゲンを知ることが治療のためには必要になります。

家庭で出来るアレルギー性鼻炎対策

アレルギー性鼻炎は治りにくく、治療に時間がかかる病気です。

自己判断で市販薬を使用していると症状を悪化させてしまうことがあり、するとさらに治療に時間がかかってしまうため、早めに医療機関に受診することが重要です。

アレルギー性鼻炎治療や花粉症対策に一番良いとされているのは緑茶です。

緑茶に含まれるポリフェノールやカテキンを摂取し続けると、ヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用に効果があり、鼻炎を引き起こすアレルギーを防ぐことが出来ます。
緑茶を飲む事なら、家庭で簡単に出来ますし、子供にも安心して飲ませることが出来ます。やはり薬で抑えるのは身体に負担がかかりますし、根本的な解決にはなりません。緑茶を飲んで体質から改善することが鼻炎治療では大切です

現在では、製薬会社から鼻炎対策専用のお茶が開発・販売されています。
漢方や自然にあるものを配合し、鼻炎の原因であるアレルギー反応やヒスタミンを防ぐ効能に特化したものが多いです。

通常の緑茶よりも、より効果がある鼻炎治療用のお茶を飲んだほうが、花粉症をはじめとしたアレルギー性鼻炎の治療・予防に効果的です。

アレルギー性鼻炎に効くお茶とは?

オススメのアレルギー性鼻炎対策のお茶はすーすー茶です。



すーすー茶は通常のお茶とは違い、鼻炎治療・予防に特化した3つの自然素材を配合をしています。

f:id:moguhausu2:20150824213743j:plain

1つはアレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の放出を防ぐ「バラ科の甜茶(てんちゃ)」です。
自然にある植物なので、薬のように眠気やだるさを引き起こさず、自然に鼻炎を抑える働きがあります。

2つ目のクマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えて くれることで知られており、体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました。

3つ目の赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸が、辛い鼻炎の症状、グズグズ・ズルズルを軽くします。

お茶というよりも効能は漢方に近く、継続して飲むことによって鼻炎の予防、治療どちらにも効果があります。
また、こういった漢方に近いお茶は苦い、飲みにくいものが多いですが、すーすー茶は天然の甘みがあり、とても飲みやすい味わいになっています。

1杯100円でしっかり鼻炎予防・治療が出来る

f:id:moguhausu2:20150824180056j:plain
お茶による鼻炎予防・鼻炎治療は何より低コストで出来るのがポイントです。
すーすー茶であれば、鼻炎治療を目的に配合された特殊なお茶ですが、ティーパック30包入りで2,838円と低価格です。
1日1杯が鼻炎予防・治療の目安ですから、1ヶ月のコストは3000円以下です。

また、単品での購入から1ヶ月毎、3ヶ月毎、年間コースなど定期コースもあり、定期で申し込むと最大20%OFFになります。
まずは単品や1ヶ月コースで試してみて、効果が実感できたら定期コースで購入するのがオススメです。

すーすー茶の効果は毎日飲んでいれば2週間~1ヶ月ほどで出てきます。
自然な植物の効用を使った治療・予防なので、薬と違って身体に負担がかかりませんし、眠気も出ませんから日常生活に支障なくアレルギー性鼻炎、慢性鼻炎の予防・治療が可能です。

お茶を一日一杯飲むだけで鼻炎が楽になるのですから、アレルギーや花粉症などの慢性鼻炎対策としては非常に手軽で、効果が期待出来るオススメの治療法です。

支払い方法は何があるの?

すーすー茶の支払い方法には、コンビニ払い、代金引換払い、クレジットカード払いがあります。
コンビニ払いは商品到着後の支払いでOKなので、クレジットカードを持っていない、できれば現金で払いたい、という方にも安心です。
お近くのローソンやセブン-イレブンなどのコンビニでお支払いが可能です

代金引換払いも可能ですが、手数料が300円かかってしまうので、オススメは出来ません。
しかし、受取と同時にその場で精算出来るので、近くにコンビニが無い場合などには便利な支払い方法です。

辛い鼻づまり、鼻炎のせいで、レジャーも楽しめない。
薬が手放せないと、憂鬱になりますよね。

そんな悩みを解決するのに、すーすー茶はぜひオススメです。

すーすー茶の実物や申し込みは下記の公式ページから行えます。
すーすー茶 公式ページ

きつい鼻水は、身体の内側からしっかり治しておきましょう。