体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

肝臓の病気とお酒(アルコール類)の関係。アルコール性脂肪の怖さとは?


酒は百薬の長と言われるように適度にお酒を飲むことは健康に良いとされていますが、過剰な飲酒は様々な健康被害を引き起こします。
アルコールの飲み過ぎは色々な臓器に病気を引き起こしますが、中でも肝臓病は最も高頻度で、重篤にもなる病気です。

肝臓は500以上の仕事をこなす臓器で、その幅広い働きのなかにアルコールの分解があります。
お酒を飲むと体内に吸収されたアルコールは肝臓に運ばれます。
そこで分解・吸収され、中性脂肪などに変えられてエネルギー源として体の各細胞に送られます。

そして不要な分は炭酸ガスと水になり体外へ排出されます。
肝臓がこうした働きを正常に行える範囲のアルコールの量には個人差がありますが、日本人男性は1日40g、女性で20gほどと言われています。
これ以上にアルコールをほぼ毎日、習慣的に飲み続けると肝臓は休む暇もなく働き続け、処理能力を超えてしまった場合は中性脂肪がたまってしまいます。

これがアルコール性脂肪肝です。
脂肪肝になった肝臓では血流障害が起き、肝細胞の壊死、肝機能の低下が生じます。
脂肪肝は自覚症状がほとんどないため、病気に気付かずに同じようにアルコールを摂取し続けると肝細胞に炎症が広がったり、アルコールを分解する際に生じる活性酸素などが細胞を破壊し、段階を経て深刻な肝障害へ進んでしまいます。


脂肪肝を改善せずに飲酒を続けると、腹痛や発熱、黄疸などの症状が現れるアルコール性肝炎という重症な状態になります。
アルコール肝炎の診断がされた人のほとんどは、その時点で断酒が難しいアルコール依存症になっていることが多く、アルコール肝炎を改善できたとしてもまた飲酒を再開してしまうと肝硬変に進みます。
肝硬変の状態がアルコール性肝臓病の最終段階です。
重大な症状としては腹水、黄疸、吐血などがみられ、肝臓がんのリスクも格段に高くなります。
肝硬変は肝細胞が壊死・減少し線維組織によって置換され肝臓が硬く変化し、過機能が著しく減衰した状態をいい、日本酒で約7合を毎日10年以上の飲み続けた場合約20%、また15年以上のみ続けた場合では50%に生ずると言われています。
一度硬くなった肝臓は元には戻らないと言われていますが、アルコール性肝硬変は断酒を継続することで肝硬変が改善されるという特徴があります。

アルコール性の肝障害を引き起こす基本的な要因は、飲酒量と飲酒期間にあります。
たくさんの量を長い間飲み続けていると、そのリスクは高くなります。
アルコール性の肝臓病の治療は「簡単だが実行が難しい」と言われるのは、禁酒が難しいからとされています。
アルコール性肝障害の基本的な治療は禁酒です。
特に脂肪肝や肝臓線維症においては禁酒以外にが特別な治療はいりません。
アルコール肝炎や肝硬変などの重篤な例では劇症肝炎に準じた治療が必要となりますが、アルコール依存症として入院する場合も多く見られます。

肝臓は余程のことがない限り根を上げない臓器です。
したがって症状が出てからでは遅く、早期発見が大切になります。
そのため常習的に飲酒をしている方は、症状がなくても定期的に血液検査を受けることが大切になります。
定期検診でγ−GTP値が高めの人は毎日の飲酒をやめ、週に2日は必ず休肝日を取るなど肝臓に負担をかけないようにしましょう。
お酒は適度な量を守っていればリラックス作用や血行促進作用など、有益な働きもたくさんあります。
飲み方を工夫するだけで肝臓への負担を少なくすることも可能です。
食物繊維を多く含む食品はアルコールの吸収を緩やかにしてくれるので、飲酒時には野菜をたっぷり摂り、高カロリーのつまみを控えることで脂肪肝を予防し、肝臓への負担を減らすことができます。
なるべく会話をしながらゆっくりと、水を交互に飲むように習慣づけましょう。