体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

慢性鼻炎の原因と治し方。辛い鼻詰まりの原因について知っておこう

http://www.ikeda-hari.com/topics/img/img13bdf4712_1.png

鼻水が止まらなかったり、鼻が詰まって苦しいなど、鼻炎の症状はつらいものです。
花粉が終わってもこれらの症状が治まらない場合や、風邪が治っても鼻づまりや鼻水が止まらない場合は慢性鼻炎の可能性があります。

この記事では慢性鼻炎の原因と治し方を書きます。
健康のためにも、鼻炎の症状をしっかり知っておきましょう。



慢性鼻炎の種類は2つ

慢性鼻炎と言っても大きく2つに分類されます。

ひとつは慢性単純性鼻炎で、急性鼻炎が慢性化したものと考えられます。
もうひとつは症状が長引いて悪化し、その結果鼻の粘膜が厚くなってしまう慢性肥厚性鼻炎があります。

慢性鼻炎は粘膜のはれた状態が長く続くもので、ウイルスや細菌感染などによって急性鼻炎を繰り返した場合、あるいは長引いた場合に起こります。
また市販の点鼻薬を長期間多様したことの副作用によっても慢性鼻炎になります。

市販の点鼻薬は血管収縮薬で即効性がありますが、頻用すると鼻腔婦負の粘膜に肥厚が生じ、いわゆる点鼻薬性鼻炎という慢性鼻炎の一種になり、頑固な鼻づまりを生じさせることになります。

また慢性肥厚性鼻炎は左右の鼻腔を分ける鼻中隔が歪む鼻中隔湾曲症があると、湾曲によって広くなった鼻腔側の粘膜がはれて慢性肥厚性鼻炎が起こります。

これらの他にも炎症や汚れた空気、気候条件、チリやほこり、化学物質などが慢性的な刺激になり、かつ粘膜が腫れやすいという体質も影響していると考えられています。

また糖尿病や肝臓病が原因で慢性鼻炎が発症することもあります。

慢性鼻炎の辛い症状とは?

慢性鼻炎の主な症状は鼻づまりから始まり、鼻水が喉の奥に流れ落ちていく後鼻漏、頭痛、味覚障害、たん、鼻周りの不快感、鼻血など様々な症状が現れます。
鼻づまりは単純性鼻炎の場合は片側のみあるいは左右交互に起こりますが、肥厚性鼻炎の場合は常に両側の鼻づまりが起こります。

鼻呼吸がしにくいため口を開けていることが多くなり、口の中が乾燥し口臭の原因にもなります。

また鼻づまりが長時間続くことで集中力や注意緑が低下し、思わぬ事故に繋がる可能性もありますので、十分に気をつける必要があります。

慢性鼻炎はほとんどの場合、急激に悪化することはありませんが、無治療で放っておくと副鼻腔炎いわゆる蓄膿症などを引き起こすことがあります。

そのため慢性鼻炎にならないために、急性鼻炎のうちにすぐに治療することが大切ですが、慢性鼻炎かもと感じたら早めに医療機関を受診するようにしましょう。

病院で処方される薬や治療法は?

慢性でも単純性鼻炎なら内服薬による治療で済むことがありますが、ほとんどの場合はステロイドスプレーの鼻への定期的な噴霧が有効とされています。

最近ではステロイドでも全身への影響が少ないものも多数あり、ある程度長期に使用することができますが、定期的に使用しないと十分な効果が得られないこともあります。

またアレルギー性鼻炎を合併している場合は、抗アレルギー約などの内服薬も併用します。
肥厚性鼻炎を治療する場合には、血管収縮約では改善されにくくなっているため、重度の場合は手術による治療が必要になります。
特に鼻中隔湾曲症を合併している場合は、鼻中隔矯正手術と下鼻甲介切除術を組み合わせた手術が有効です。

電気やレーザーで肥厚している粘膜を減らす手術で、鼻づまりを取り除いていきます。

家庭で出来る慢性鼻炎対策

慢性鼻炎は治りにくく、治療に時間がかかる病気です。

アレルギーや花粉症などがある方が慢性鼻炎になりやすく、アレルギー対策が必要です。
食事や生活習慣を見直し、アレルギーに弱い体質を改善させていくことも大切になります。

鼻炎や花粉症などを和らげると言われているのは緑茶です。

緑茶に含まれるポリフェノールやカテキンを摂取し続けると、ヒスタミンの抑制や抗アレルギー作用に効果があり、鼻炎を引き起こすアレルギーを和らげる事が出来ます。

緑茶を飲む事なら、家庭で簡単に出来ますし、子供にも安心して飲ませることが出来ます。やはり薬で抑えるのは身体に負担がかかりますし、副作用などの恐れもあります。

緑茶を飲んで、普段から身体に良いカテキンを摂取しましょう。

鼻づまりを和らげるお茶とは?

鼻づまりにオススメのお茶はすーすー茶です。



すーすー茶は通常のお茶とは違い、鼻づまりを和らげるために3つの自然素材を配合をしています。

f:id:moguhausu2:20150824213743j:plain

1つはアレルギー反応を引き起こす「ヒスタミン」の放出を防ぐ「バラ科の甜茶(てんちゃ)」です。
自然にある植物なので、薬のように眠気やだるさを引き起こさず、自然に鼻炎を和らげる働きがあります。

2つ目のクマザサは、強い抗菌力で免疫バランスを整えて くれることで知られており、体に取り入れるだけでなく 塗り薬としても昔から用いられてきました。

3つ目の赤紫蘇は「天然のステロイド」と呼ばれ、赤紫蘇に 含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸が、辛い鼻炎の症状、グズグズ・ズルズルを軽くします。

お茶というよりも効能は漢方に近く、継続して飲むことによって鼻の悩みに効果があります。
また、こういった漢方に近いお茶は苦い、飲みにくいものが多いですが、すーすー茶は天然の甘みがあり、とても飲みやすい味わいになっています。

1杯100円でしっかり鼻通りが良くなる

f:id:moguhausu2:20150824180056j:plain
お茶による鼻の悩み解消は、何より低コストで出来るのがポイントです。
すーすー茶であれば、上記にあげたような身体に良い漢方を配合しているお茶ですが、ティーパック30包入りで2,838円と低価格です。

1日1杯を推奨していますから、1ヶ月のコストは3000円以下です。

また、単品での購入から1ヶ月毎、3ヶ月毎、年間コースなど定期コースもあり、定期で申し込むと最大20%OFFになります。
まずは単品や1ヶ月コースで試してみて、効果が実感できたら定期コースで購入するのがオススメです。

すーすー茶の効果は毎日飲んでいれば2週間~1ヶ月ほどで出てきます。

お茶を一日一杯飲むだけで鼻が楽になるのですから、アレルギーや花粉症などの慢性鼻炎にお悩みの方に、オススメのお茶です。

支払い方法は何があるの?

すーすー茶の支払い方法には、コンビニ払い、代金引換払い、クレジットカード払いがあります。
コンビニ払いは商品到着後の支払いでOKなので、クレジットカードを持っていない、できれば現金で払いたい、という方にも安心です。
お近くのローソンやセブン-イレブンなどのコンビニでお支払いが可能です

代金引換払いも可能ですが、手数料が300円かかってしまうので、オススメは出来ません。
しかし、受取と同時にその場で精算出来るので、近くにコンビニが無い場合などには便利な支払い方法です。

辛い鼻づまり、鼻炎のせいで、レジャーも楽しめない。
薬が手放せないと、憂鬱になりますよね。

そんな悩みを解決するのに、すーすー茶はぜひオススメです。

すーすー茶の実物や申し込みは下記の公式ページから行えます。
すーすー茶 公式ページ


他にも、家で出来る対策は色々とあります。
家の中でも空気清浄機を使用したり、ゆっくりお風呂につかったり、鼻が楽になる方法を試してみましょう。

慢性鼻炎の最大の予防は急性鼻炎にならないようにすることと、急性鼻炎になってしまったら早めに治療することです。
特に子供は慢性鼻炎になってしまうと、勉強の集中力も下がってしまい、学習面で非常に悪い影響が出てしまいます。

空気の悪いところに長時間いる場合はマスクをする、こまめにうがい・手洗いをするなど、急性鼻炎にならないように心がけましょう。