体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

鼻水の色と粘度で判断する病気のサイン。サラサラな鼻水や黄色の鼻水はウイルスの証拠


鼻水の色、気になったことありませんか?

体調不良の初期症状として出やすい鼻水は体調のバロメーターと言われ、鼻水の色や粘り気で体調をチェックすることができます。
鼻の粘膜は侵入してきた細菌を防御する役割があり、鼻水によって侵入してきた細菌を洗い流します。

これは人間にもともと備わっている生体防御反応です。
風邪のひきはじめや花粉症などのアレルギー、ウイルスの影響などで鼻水の状態は変わってきますので、病気の早期発見のために鼻水の状態を知っておきましょう。



透明サラサラの鼻水の原因

風邪のひきはじめやアレルギー性鼻炎のときは透明でサラサラした鼻水が出ます。
これは菌やウイルス、ハウスダスト、花粉などが原因で鼻の粘膜を刺激し、鼻水で洗い流そうとしている状態です。
この状態の鼻水の時は体がまだウイルすと戦っている状態、又は戦う準備をしている状態と言えます。

風邪の場合は症状が進行していくと鼻水の色は変わってきますが、アレルギー性鼻炎の場合は変わらず透明な鼻水が出続けます。
また鼻の中にある空洞に細菌が侵入することで起こる急性副鼻腔炎も、初期症状ではさらさらした透明な鼻水が出ます。
透明でサラサラした鼻水は、何らかが原因で鼻粘膜を刺激しているものの病状としては初期段階です。

この時点で医療機関で鼻水が出る原因を解明することで、病気の悪化を防ぐことができます。
透明で水っぽい鼻水が続いた後、粘り気のある鼻水が出始めたら症状が改善されていないことになります。
風邪の症状が悪化しても粘り気のある鼻水が出てきますが、まだ透明や白っぽい鼻水ならひきはじめです。

早めに対処し、悪化させないようにしましょう。

黄色っぽいネバネバの鼻水の原因

黄色っぽいネバネバした鼻水は風邪のウイルスの影響を受けています。
風邪のウイルスや細菌が鼻に侵入すると白血球やリンパ球といったもともと体が持っている免疫力が働き、残っている細菌類を撃退しようとします。

黄色い鼻水は細菌類と戦った白血球やリンパ球の残骸と死滅した細菌類です。
黄色い鼻水が出ると風邪の治りかけとよくいわれますが、この鼻水が出ている時は体がまだ細菌類と戦っている真っ最中です。

撃退できれば黄色い鼻水は止まりますが、呼吸しにくかったり、頭痛や発熱を伴っている場合は免疫力だけでは症状を改善することは難しいので、早めに医療機関で診察を受けることをおすすめします。

また粘り気が強い場合は急性副鼻腔炎が悪化していることもあります。
こちらの場合も早めに医師に相談しましょう。

黄色・緑色でドロドロの鼻水の原因

黄色や緑色のドロドロ下鼻水が出る場合は、慢性副鼻腔炎の進行が疑われます。
副鼻腔炎は鼻腔の周囲の骨にある大小の空洞に膿がたまる病気のことで、この症状が長引くと慢性副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症と呼ばれます。
症状と足手は黄色や緑色のドロドロした鼻水や、鼻づまり、頭痛、集中力の低下などが現れ、咳や痰も出やすくなったり、時には悪臭ができることもあります。

この状態では鼻の粘膜の抵抗力が弱まっていますので、気になってもあまり強く鼻を噛まないことが重要です。
さらに鼻の粘膜を傷つけて症状が悪化してしまいます。

また重症になると鼻水が喉に流れ込むことによって、慢性の咽頭炎、気管支炎、遺著障害までに発展する例もあります。

また副鼻腔は顔の中心に位置し、脳や目、耳などの重要な機関に近いため、副鼻腔の炎症が合併症を引き起こすこともあります。
脳の合併症を起こすと、脳膿症や髄膜症などが起こり意識障害や麻痺などといった症状が見られ、重い後遺症が残ったり、命に関わる危険もあります。
ほとんどの場合は鼻腔内の洗浄と薬物療法で完治しますが、重要の場合や投薬治療を続けても改善が見られない場合は手術が必要になります。

鼻水で病状を判断しよう

鼻水は花粉症やアレルギー性鼻炎、軽い風邪と思い込んで診察を受けない人が多い症状です。
鼻水を放置しておくと重篤な病気を引き起こしてしまう可能性がありますので、たかが鼻水と思わずに、気になる場合は早めに医療機関で診察を受けるようにしましょう。

また症状が悪化しないように予防することも大切です。
うがい、手洗いで風邪を予防し、花粉症の季節には花粉をブロックするためのマスクなどの利用しましょう。

免疫力が落ちている場合も要注意

野菜不足による栄養不足や、体力不足、連日の疲れなどがたまっている時は鼻水の症状が酷くなるケースが多いです。

外食続きだったり、バランスの良い食事がとれていない場合は、まず栄養素をキチンとカバーすることで免疫力を強化して花粉症や鼻水の原因となる風邪、アレルギーを撃退しましょう。

日々の栄養素が食事でカバー出来ない場合は、サプリメントに頼ることも大切です。
特に酵素やグルコン酸は不足しがちなので、サプリメントでカバーするとよいでしょう。

オススメのサプリメントは小林製薬の『野菜と酵素』です。

小林製薬の『野菜と酵素』



特に仕事で忙しく食事を抜きがちな社会人や、年齢による疲れのたまりやすさを日々感じている人は、サプリメントで栄養をカバーすることで鼻水による被害を最小限にすることが出来ます。

タブレットタイプのサプリメントなので、1日の終わりに飲むだけです。
鼻水をはじめとする体調不良を防止するには、栄養をしっかりカバーして免疫力を高めなければなりません。

ぜひサプリメントを利用してみてください。
飲み始めてから1ヶ月程度で違いが実感出来ると思いますよ。

鼻水の原因や防ぎ方の知識をつけよう

 他の記事で鼻水に関する病気や対策を書いています。
 知識をつけてしっかり鼻水対策をしておきましょう。
www.otonanomana.net
www.otonanomana.net
www.otonanomana.net
www.otonanomana.net
www.otonanomana.net