体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

鼻をほじる癖がある人は感染症になりやすい!鼻ほじりが健康に与える悪影響とは

http://www.fast-d.com/system/images/questionnaire_detail_image/image/0001/0263/large/karisuma.jpg

鼻をほじるとこんな悪影響がある!
やってはいけないとわかっていても、無意識に出てしまう言動がクセです。
なかでも鼻をほじるというクセは見た目も良くありませんし、汚い印象を与えてしまいます。
ついつい鼻をほじってしまう人は鼻毛が少なくて鼻くそがへばりつきやすく、むずがゆくなりやすい場合や、軽度の鼻炎があり鼻の粘膜が過剰に反応しているためかゆみを感じる場合もあります。

耳鼻科で鼻炎を治療するだけで、鼻をほじるクセがなくなることもありますので、まずは病院にいってみることも必要かもしれません。
しかし、それでもクセになってしまってなかなかやめられない場合、たかが鼻ほじりといっても気をつけないと様々な悪影響を及ぼすこともあります。



鼻ほじりは皮膚や血管を傷つけてしまう

鼻くそは普段の生活の中で誰でもたまってしまうものです。
鼻くそがたまってむずがゆくなると爪などで鼻腔内壁を引っ掻いて、取り除く人は多いと思いますが、その際に鼻腔内の皮膚や血管を爪で傷つけてしまい、鼻血が出ることがあります。

特に深く指を突っ込んでしまったり、強くほじりすぎたり、道具を使うと鼻腔内に傷がつきやすく、鼻血が出る可能性が高くなります。
普段よくみる鼻血の原因は、ほとんどがキーゼルバッハという部位の損傷によるものとされています。

キーゼルバッハ部位とは鼻を左右の隔てている鼻中隔から1cmほど奥にある部分のことで、この部位は鼻の中でも溶くに粘膜も薄い上、静脈が多数張り巡らされているため、少しの刺激で傷がついて出血しやすいのが特徴です。

この部位は鼻をほじる刺激ですぐに粘膜が傷つき出血するだけでなく、強く鼻をかむことでも出血しやすいです。
またキーゼルバッハ部位損傷での出血は、各巻が細いのですぐに止血できるのも特徴です。

イギリスでは鼻をほじったことによる鼻血で出血死をした事例があり、鼻血は最悪死に至る危険性があることを知っておく必要があります。
また鼻のほじりすぎによって左右の鼻腔を分けている部分、鼻中隔という部位に穴があく症状である鼻中隔穿孔を起こす可能性もあります。

鼻ほじりはウイルス感染の原因になる

鼻をほじる習慣は、感染症の接触感染を招く可能性もあります。
2009年の新型インフルエンザの就航の際には、鼻ほじりを介した感染への対策として、手の洗浄・消毒が呼びかけられ、鼻ほじりそのものも厳禁とされました。

また慢性副鼻腔炎などの葉なの病気があると粘度の高い粘液がたくさん分泌されるため、鼻くそが溜まりやすくなります。
そこに多くの雑菌が増殖し、そのため毛嚢や皮脂線に感染が起こり、鼻前庭湿疹や鼻せつという鼻のおできができやすくなります。

鼻の血管は顔全体そして嚢に近いところを恥じる血管とともに交通しているため、この血管を通じて感染が広がり面疔になってしまうこともあります。
眼窩や鼻腔、副鼻腔など薄い骨を隔てて脳に近い場所に面疔ができてしまうと、場合によっては髄膜炎や脳炎などを併発し死に至る可能性も少なくありません。
鼻前庭湿疹や鼻せつは刺激するとよけいに悪くなりますので、鼻をほじる、鼻毛を抜くなど刺激を与える事はやめましょう。

さらに鼻の入り口には黄色ブドウ球菌が常在しています。
黄色ブドウ球菌は健常な皮膚にも常時いますが、湿疹や虫さされなどをきっかけに皮膚表面を損傷すると繁殖しやすくなり、とびひになります。
とびひは病変部を触った手で体の別の場所を掻いたり、触るとどんどん移ってしまいます。

もちろん鼻をほじりすぎて粘膜に傷を作ってしまっても、同じようにとびひができてしまうので注意が必要です。

また、鼻は耳と強く関係しているため、鼻ほじりが原因で耳の病気を誘発する可能性もあります。
鼻ほじりによって鼻炎になり、そこから耳の病気につながることも多いので要注意です。
詳しくは下記の記事を参考にしてください。

www.otonanomana.net
www.otonanomana.net

鼻くそはティッシュなどで優しく取り除こう

このように鼻をほじるということは様々な病気を引き起こす原因を作ってしまう可能性があります。
しかし、鼻くそはたまってしまいますので、取り除かなければなりません。
爪で傷を付けないように、ティッシュやガーゼなどで優しく取り除くようにしましょう。

人前でどうどうとほじってしまうことは周りの人を不愉快にさせてしまいますので、鼻をほじるクセは治すようにしましょう。

関連リンク:管理人のオススメ健康法について

健康な身体、疲れにくい身体を手に入れるための健康法として、1日1杯の青汁がオススメです。

実際に管理人である私が行っている青汁健康法の効果と、飲みやすいオススメの青汁について下記の記事にて紹介しています。

健康な身体を手に入れるなら1日1杯の青汁がオススメ!青汁健康法のメリットとは

健康に関心のある方、私のように疲れやすい・胃腸が弱い・仕事が激務でストレスフルな生活をしている方は、ぜひ一度、青汁による健康法を検討してみることをオススメします。