体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

鼻をすすると耳が痛くなるのはなぜ?知っておきたい鼻と耳の関係とは

http://staff.yutenji.biz/archives/2007/10/images/0710201.jpg

鼻風邪や花粉症、アレルギー性鼻炎などで鼻水が出てしまうと、ついつい鼻をすすってしまうことはありませんか?

単純に鼻をすすったり、匂いをかぐだけなら問題ないのですが、鼻水はもともと雑菌を鼻の外に出すためのものですので、それをすすって体内に戻すのはよくありません。

他にも鼻をすすると体に様々な悪影響を与える危険性があります。



鼻水が原因で中耳炎になることも

まず鼻をすすってしまうと細菌の付いた鼻水が鼻の奥に入ることにより、喉を通って耳にまで達し炎症を起こすことで急性中耳炎を引き起こすことがあります。

特に成長途中の乳児や子供は耳管が未発達で十分な長さがなく、また角度も水平に近いため、鼻水に付着した細菌が侵入しやすいため中耳炎になりやすくなっています。
反対に大人は中耳炎になりにくいのですが、なってしまうと悪化しやすいという特徴もあります。

急性中耳炎に気付かず、何度も炎症を繰り返してしまうと慢性中耳炎から鼓膜が癒着してしまう癒着性中耳炎に進行してしまいます。
癒着性中耳炎になると鼓膜に動きがなくなるので音が聞こえにくくなったり、稀に慢性中耳炎のように耳だれが起こることもあります。

耳抜きの際に鼻をすするのはダメ

飛行機やエレベーターに乗った時、トンネルに入った時など耳が詰まったように感じることがあります。

これは気圧の変化により、中耳の空気が膨張したり収縮することで、鼓膜が外側に膨らんだり内側に引っ張られたりするためです。
鼓膜が正常に振動しなくなるため、音が聞こえにくく、塞がったような感じになります。
普通はつばを飲んだり、あくびや耳抜きをしたりすると治ります。

これは中耳から鼻の奥に通じている耳管の働きによるもので、つばを飲む時に一時的に耳管が開き、中耳の気圧が調節されて鼓膜が元の位置に戻ることで耳の聞こえが復活するのです。

通常耳管は安静時には閉じていますが、何らかの原因で嚥下などにより解放した耳管が閉鎖されなくなった状態と耳管開放症といい、耳がつまったような不快感があり、ひどくなると自分の声が響いて聞こえにくいといった症状が起こります。

この状態のときに鼻をすすると一時的に耳管が閉じて不快感がなくなることがあるため、無意識に鼻をすすり続けてしまうことがありますが、鼻をすすり続けると症状を悪化させ、さらに鼻をすするといった悪循環を招くことになります。

さらに強く鼻をすすると鼻だけではなく、鼻と耳をつなぐ耳管を通して中耳からも空気が抜け、鼓膜がへこんだままの状態になり、一時的な耳管狭窄症になります。

耳管狭窄症になると耳の詰まった感じや自分の声が響くなどの症状があり、滲出性中耳炎を合併することもよくあります。
他にも自分の呼吸音が聞こえる、難聴、めまいなど多彩な症状が現れ、仰向けや前屈の姿勢で症状が軽減するのも特徴のひとつです。
一時的な耳管狭窄症は中耳炎を治りにくくさせますので、注意が必要です。

また鼻すすりを頻繁に繰り返すと鼓膜のへこみに耳あかがたまり炎症を起こし、真珠腫性中耳炎を引き起こすこともあります。
真珠腫性中耳炎は放っておくと音の伝達を伝える耳小骨という器官を壊したり、聴力低下などを引き起こし、さらに放置してしまうと顔面神経を浸食し顔面麻痺など起こすこともある怖い病気です。

鼻をすする癖を治そう

もちろん鼻をすすったからと言って、鼓膜の薄さなどの関係から必ずこれらの病気になるとは限りません。
しかし鼻をすするという行為は体にはよくありませんし、クセとしてもあまり関心できません。

まずは鼻水が出る原因を見極め、正しい治療法で鼻水が出ないようにし、早めに鼻をすするクセを治していきましょう。
また耳に気になる症状がある場合は、悪化させないためにも早めに医療機関で診察を受けましょう。