体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

二日酔いの胃痛や胸やけの治し方。味噌汁が二日酔いに効く理由とは?

http://www.daiichisankyo-hc.co.jp/ryman-complex/magazine/vol02/imgs/top/lineup1-key-visual.gif

頭痛や胸やけ、胃のむかつき、胃痛、吐き気など、二日酔いはつらいものです。

二日酔いはアルコールが分解されてできるアセトアルデヒドが原因で起こります。
アセトアルデヒドは毒性を持つ物質で、血中にアセトアルデヒドが増加するとその毒性によって体に様々な症状が現れます。
アセトアルデヒドやアルコールの刺激によって胃粘膜が傷つき、ひどくなると急性胃炎や胃潰瘍を起こしてしまうこともあります。

さらにアルコールによって脱水症状になることから、脳神経細胞にも影響を及ぼすことから頭痛がおきると言われています。
つらいのがわかっていても繰り返してしまう二日酔い、できれば静かに寝ていられれば良いのですが、仕事がある時はそういうわけにもいきません。

二日酔いの胃痛や胸やけを少しでも早く回復させる方法をお伝えしましょう。


水分を摂取する

二日酔いの症状を治すには水分の摂取が一番効果的です。
アルコールの利尿作用によって脱水症状を起こしやすくなるため、水分の補給は欠かせません。
二日酔いの元であるアセトアルデヒドは水に溶けやすい性質を持っていますので、大量の水分を摂取し体内のアルコールやアセトアルデヒドを早く排出してしまいましょう。

この時飲むのは冷たい水ではなく、ぬるま湯がベストです。
冷たい水は胃を刺激するため、胃痛がひどくなる可能性があります。

水より吸収の良いスポーツ飲料も二日酔い時の水分補給に適しています。

また頭痛やだるさを緩和するカフェインと、胃の粘膜を修復する緑茶もおすすめですが、カフェインが刺激となってしまうこともありますので、胃痛や胸やけがひどい時は避けるようにしましょう。
水分を摂ると吐き気をもよおすのではないかと心配する人もいますが、水分を摂らないと回復は遅れてしまいます。

まずはしっかりと水分を補給しましょう。

味噌汁で塩分も補給しよう

また尿や汗と一緒に体内の塩分も排泄されてしまうので、十分に水分を摂った後は水分を体に保持するための塩分も摂るようにしましょう。
そのためには味噌汁がおすすめです。

アルコールの代謝機能を高めるアミノ酸やビタミンB12が豊富なシジミの味噌汁は、二日酔いの回復に効果的です。
温かい味噌汁は体を温め、胃の血行をよくしてくれるので胃痛を和らげることができます。

胃薬の効果とは?

二日酔いで胃痛があるのはアルコールが胃を守る胃粘膜を傷つけ、さらにアルコールの刺激で胃酸の分泌が過多になっているためです。
このような場合には胃酸の分泌を抑制するだけではなく、胃粘膜の修復にも効果のある胃薬がおすすめです。

最近ではたくさんの胃薬が販売されていますが、二日酔いの胃痛には胃酸過多を抑える成分のみが配合されたものが適しています。
胸やけも同時に起こしている場合は、健胃作用や粘膜修復作用が配合されたものを選ぶと良いでしょう。

果物も二日酔いに効きます

薬を飲みたくない場合におすすめなのが果物です。
果物には二日酔いの原因であるアセトアルデヒドの分解を助けるのがビタミCと、アルコールを分解する酵素を活性化させ、アルコール分解を早める助けをする果糖が含まれています。

果物の中でも特に柿にはアルコールを短時間で分解する酵素や、胃の粘膜を修復するタンニンが含まれているため二日酔いの症状を早く治すには最適です。
果物がない時にはオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどでも十分効果があります。

その際は果汁100%のジュースを選ぶようにしましょう。

迎え酒は逆効果!

二日酔いには迎え酒とよく言われますが、一時的なものですのでやめましょう。
二日酔いに少量のアルコールを体内に入れることで再び血中アルコール濃度を高め、感覚を麻痺させるだけです。

胃にはさらに負担がかかり、胃痛や胸やけがひどくなるだけですし、アルコール依存症に繋がることもあります。

二日酔いは飲み過ぎが原因です。
二日酔いにならないためにも適量を守ることが一番大切です。

日頃からビタミン群を摂取して強い身体を作ろう!

二日酔いになりやすい原因として、加齢や食生活の乱れによる肝臓の弱体化が原因の1つとしてあげられます。

不健康な身体だと、お酒で悪酔いしやすくなり、特にアルコールを分解する肝臓の働きが弱くなると二日酔いの頻度が高くなってしまいます。
二日酔いのみならず、放置しておくとガンなどの重大な病気にもつながりますから、酒飲みの人は肝臓をしっかり健康に保つ事が大事です。

もちろん、胃腸も同様です。お酒を飲む人は、意外と胃腸が荒れているもの。肝臓に問題がなくても胃腸がアウトでは、酒飲み失格です。消化器系は重大な病気になった時に特に症状がキツイですから大切に扱うべき部位です。
(胃腸を壊した事のある管理人の実体験です。眠れないほどの吐き気や胃痛は、絶望すら覚えますよ!汗)

胃腸や肝臓を強化するには、やはり日頃の食生活を整えることが重要です。
特に野菜に含まれるビタミン群は、肝臓のみならず胃腸、その他臓器や血液循環をサポートする必須栄養素ですから、効率的に取りたいものです。

しかし、社会人になると自炊の頻度も減り、野菜をなかなか取れない人が多いと思います。

そこで私がオススメするのは、青汁を毎日一杯飲む習慣をつけることです。
私はサンスターの青汁を毎日、飲むことを習慣にしていますが、二日酔い・悪酔いの頻度も減り、飲んだ後の翌日もバリバリ仕事出来るようなタフな身体を手に入れることが出来ました。
スーパーマンになった訳ではなく、単に日頃の不摂生・野菜不足を青汁で整えただけなのですが、やはり野菜に含まれる栄養素のパワーというのは、凄いものがあります。

食事は健康の基本ですから、飲酒する機会が多い方は、ぜひ青汁でビタミンを補給し肝臓を健康に保つ健康法を取り入れることをオススメします。

青汁の効能や味、飲みやすさなどの詳細は下記の記事を参考にしてください。
実際に管理人が飲んでいる青汁の詳細レビューです。
www.hazimetetensyoku.com

飲酒が多い人は、二日酔い対策のみならず、肝臓をはじめとした身体全体の健康に、ぜひ目を向けて対策を打っておきましょう。
年をとって身体がボロボロになってから健康法を始めたのでは遅いですから、早めに強く健康な身体を作っておくことをおすすめします。