体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

急性鼻炎・慢性鼻炎の原因とは?辛い鼻炎の治療に役立つ知識

http://www.myclinic.ne.jp/imobile/contents/medicalinfo/gsk/top_topic/topic_43/imgs/01.jpg

突然の鼻炎、その原因とは?
くしゃみや鼻水が止まらない、鼻が詰まって苦しいなど、辛い鼻炎の症状に悩まされている人は多くいます。
鼻の内部は薄い粘膜によって覆われていて、この粘膜に起こる炎症を鼻炎といいます。
鼻炎になると鼻粘膜が腫れて刺激を受けやすくなるため、くしゃみ、鼻水、鼻が詰まるといった症状が現れます。

鼻炎はその経過や原因の違いによりいくつかに分類され、鼻炎の種類によって対処法が異なりますので、自分が何が原因で鼻炎になっているのか確認することが必要です。


症状が出始めて1〜3週間ほどで治る鼻炎は、急性鼻炎とされています。
いわゆる「鼻風邪」と呼ばれるもので、一般的にライノウイルスやコロナウイルスによって引き起こされます。
稀に細菌やマイコプラズマなdの感染が原因で起こる急性鼻炎もありますが、数は非常に少なくなっています。

このような急性鼻炎は抵抗力の弱い赤ちゃんや子供に比較的多く発症し、鼻炎の特徴であるくしゃみ・鼻水・鼻づまりの症状の他に、咽頭痛痩せ気、発熱などの症状も併発します。

鼻炎の症状が数週間以上経過しても症状が改善されず、慢性化したものを慢性鼻炎と呼びます。
慢性鼻炎の原因は様々ですが、そのほとんどが大気汚染やタバコ、化学物質、薬物、金属などが要因となって起こるとされています。
中には急性鼻炎が慢性化して起こること場合もあります。

慢性鼻炎はその性質から3つに分類されています。

急性鼻炎を繰り返すことによって鼻粘膜が変化し、慢性鼻炎に移行するのが慢性単純性鼻炎です。
慢性単純性鼻炎は鼻粘膜の血管が拡張して赤く晴れるため、頑固な鼻づまりと粘り気のある鼻水といった症状が長く続くのが特徴です。

慢性鼻炎のなかで最も多いのが、慢性肥厚性鼻炎です。
慢性単純性鼻炎のように急性鼻炎から移行するケースもありますが、大気汚染などの刺激や血管収縮薬の乱用などが原因になることもあります。
慢性肥厚性鼻炎は鼻粘膜が腫れて肥厚しますが、慢性単純性鼻炎と違い鼻粘膜状の赤身値が弱く、鼻水が少ないのが特徴です。

鼻の粘膜が萎縮して鼻腔内が広くなるため、鼻が乾燥するのが特徴の慢性萎縮性鼻炎があります。
ひどい悪臭を伴うカサブタが鼻粘膜に付着する場合もありますが、最近ではほとんど見られなくなっています。
慢性萎縮性鼻炎の原因のひとつに栄養不足があり、近年の日本人の食生活が豊かになり、栄養状態が多く改善されたからと考えられています。

花粉やハウスダスト、ダニなどが原因となって鼻粘膜にアレルギー反応が発生するために起こる鼻炎をアレルギー性鼻炎といいます。
アレルギー性鼻炎には花粉症のように特定のシーズンに起こる季節性のものと、特定のシーズンに関係なく起こる通年性のものとがあります。

アレルギー性鼻炎は花粉やハウスダスト、ダニの他にも、犬や猫などペットの毛や羽、カビ類、そば粉など特定の食品によって引き起こされることがありますので、早めに自分が何のアレルギーを持っているか調べることが大切になります。

またこれらのアレルゲンの他に、気温に反応して鼻づまりや鼻水が出る寒冷性鼻炎と言うものもあります。

寒冷性鼻炎は血管運動性鼻炎とも呼ばれ、環境の変化、特に温度差により付随意の自律神経が反応し、鼻の血管収縮に影響を与えます。
これにより鼻粘膜がうっ血することによって鼻づまりを引き起こし、くしゃみや鼻水が多くなります。
基本的に環境の温度差が改善されることや、体が温度差に適応してくることで症状が治まるため、早いと数時間で改善するというのが特徴です。

このように鼻炎には様々な原因があり、対処法も異なります。
突然くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの養生が現れた場合は、まずは医療機関で検査をするようにしましょう。
免疫力が低下すると鼻炎になりやすくなったり、症状が悪化してしまうこともあります。

規則正しい生活と栄養バランスの整った食事を心がけ、免疫力を高めて鼻炎を予防・改善していきましょう。