体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

肝臓の健康には禁酒と運動がベストな理由。肝臓を守る生活習慣とは?

肝臓を壊しやすい人が今すぐやるべき対策を紹介します。

肝臓の病気は自覚症状が現れにくく、自分で気付くのは難しいものです。
肝臓のSOSをを知る大きな手がかりは健康診断の肝機能の数値ですが、異常を指摘されてもそのままにして何もしない人が多いのが現状です。

肝臓を壊しやすい人の特徴にはお酒を習慣的に飲む、脂っこい食事を好む、生活が不規則でストレスがたまっているなどがあり、これらの習慣は肝臓に負担がかかり可燃や肝硬変を引き起こす原因となります。

肝臓を健康に保つためにはこれらの習慣を見直すとともに、肝臓に負担をかけない生活を送ることあが大切になります。



肝臓を守るには禁酒が王道

肝臓を壊しやすい人は症状や数値によって少量はOKですが、基本は禁酒です。
肝臓にとてアルコールの分解は負担ですので、症状の悪化の原因になります。
大量のアルコールを摂取し続けると肝細胞が破壊されたり、肝臓に脂肪がたまることでアルコール性肝障害や脂肪肝になりやすくなります。

特にアルコール性急性肝炎やアルコール性肝障害、肝硬変の人は原因と立つためにも禁酒を守って下さい。
またウイルス性肝炎の人は飲酒をすると肝硬変のリスクが高まります。
それ以外の人でも適量を守り、休肝日を作ることが大切です。

肝臓に優しい食生活を意識しよう

肝臓のためには食生活にも気をつけることがあります。

食生活で第一に気をつけることは食べ過ぎないことです。
食事は生命活動に欠かせませんが、食べ過ぎると肝臓の仕事が増え、負担がかかってしまいます。

食事から摂った炭水化物や脂質などは体内で分解・消化された後、摂り過ぎた分は最終的に脂肪として肝臓に蓄えられます。
食べ過ぎや飲み過ぎは脂肪肝の原因になりますので、自分に必要なエネルギー量を計算し、カロリーを摂りすぎないように気をつけましょう。

また摂った栄養を代謝するために食後の肝臓は忙しく働きますので、食後はしばらく休んで肝臓の血流を保つようにしましょう。
少し横になったり、静かに座っているだけでも血流がアップし、肝臓を労ることができます。

肝臓がダメージを受けている時は、肝細胞の修復に欠かせない良質なタンパク質をしっかり摂取するようにします。
タンパク質には卵や肉類、魚などの動物性のタンパク質と、大豆や穀類などの植物性タンパク質があり、それぞれをバランス良く摂取することが大切です。
肉類は良質なタンパク質を多く含みますが、脂質を多く含むので食べすぎには注意が必要です。

脂身を外したり、調理法を工夫して脂質の摂りすぎにも気をつけましょう。

またいくら肝臓を修復する栄養素だからと言って寝る前に食べるのはNGです。
睡眠中も肝臓が働き続けなくてはならなくなり、負担がかかってしまいます。
寝る2時間前までには食事を済ませるようにしましょう。

便秘解消も肝臓には大切なこと

肝臓の健康のために、見落としがちなのが便秘です。
腸に便がたまるとアンモニアが発生しますが、このアンモニアを分解するのも肝臓ですので、便秘になると肝臓への負担が大きくなります。
肝臓の機能が低下していると処理しきれないアンモニアが脳にまわると、肝性脳症を起こすことがありますので、便秘にならないように注意が必要です。

便秘は薬に頼らなくてもちょっと生活習慣を改善することで治すことができます。
眠っている腸を刺激するためにも寝起きに水を飲む、便意を我慢しない、腹筋を鍛えるなどで腸のぜん動運動を活発にし、スムーズな排便を心がけましょう。

肝臓を壊しやすい人には適度な運動も必要になります。
運動が不足すると筋肉量が減り、食事から摂ったエネルギーを効率良く使うことができず、余ったエネルギーはそのまま脂肪として蓄積してしまいます。

肥満は脂肪肝を招きますので、適度な運動を日課にしましょう。
ウォーキングや水泳など継続的に酸素を取り込み、脂肪や糖を燃焼させる有酸素運動がおすすめです。

運動は毎日続けることで効果が現れます。
ただし体調が悪い時は無理せず、中止して医師に相談するようにして下さい。

睡眠によって肝臓の免疫力が高まる

肝臓を休めるためには寝ることが一番です。
年ているときはエネルギーをほとんど消費せず、肝臓の代謝活動も少ないため、肝臓の免疫力が高まると言われています。
また寝ている時に分泌される最長ホルモンはダメージを受けた肝臓を修復してくれます。

できれば7〜8時間睡眠時間をとるようにし、忙しくて睡眠時間がとれない人でも休憩時間に少し横になるだけでも肝臓を休めることができます。
規則正しい生活を心がけ、質の良い睡眠を摂るようにしましょう。

ストレスが肝臓に与える悪影響

またストレスは肝臓の大敵です。
ストレスがたまると自律神経が乱れ、交感神経が優勢になることで血液中のアドレナリンが増加します。
すると脈拍や血圧が上昇し、肝臓への血液量が減少し、負担がかかってしまいます。
ストレスは不眠の原因にもなりますので、趣味や体を動かすことでストレスを発散するようにしましょう。

魚に含まれるDHA、EPAが肝臓を健康にする

仕事やプライベートでお酒を飲む機会が多い人は、肝臓に大きな負担をかけている可能性が高いです。
中性脂肪が肝臓にたまり、気付いたら肝臓がボロボロになっていて、重大な病気にかかりやすい状態になっている人も多いです。

こういった肝臓への負担を和らげ、不要な中性脂肪を体外に排出してくれる栄養素があります。
それが魚に含まれるDHAとEPAです。

DHA、EPAは肝臓や血液に含まれる中性脂肪を分解して体外に排出する機能を持っており、いわば身体の掃除屋です。
これらの栄養素が含まれる魚をたくさん食べる人は肝臓が健康で、血液もサラサラです。

「魚が苦手」
「あまり食べていないな」

という方は、大正製薬のDHAサプリを飲むと良いでしょう。

大正製薬のDHA・EPA



サプリメントは気軽に飲めて、不足した栄養素を効率的に摂取することが出来ます。
大正製薬のサプリは、上場一部企業のサプリということで、非常にユーザー評価が高く安心して購入できます。

初回は1000円で1ヶ月分のサプリをお試し注文出来るので、魚不足で健康が気になる方はぜひ試してみて下さいね。

規則正しい生活習慣で健康な肝臓を!

肝臓を壊しやすい人も生活習慣を見直すことで、肝臓病のリスクを減らすことができます。
栄養バランスの良い食事を規則正しく摂り、適度な運動、良質な睡眠を心がけ、健康な肝臓を保ちましょう。

関連リンク:管理人のオススメ健康法について

健康な身体、疲れにくい身体を手に入れるための健康法として、1日1杯の青汁がオススメです。

実際に管理人である私が行っている青汁健康法の効果と、飲みやすいオススメの青汁について下記の記事にて紹介しています。

健康な身体を手に入れるなら1日1杯の青汁がオススメ!青汁健康法のメリットとは

健康に関心のある方、私のように疲れやすい・胃腸が弱い・仕事が激務でストレスフルな生活をしている方は、ぜひ一度、青汁による健康法を検討してみることをオススメします。