体調管理も仕事のうち(`・ω・´)健康まとめサイト

大人のための健康維持に役立つ情報をまとめています。栄養のある食べ物や運動方法など30代40代の社会人に向けた健康総合ブログです。

コーヒーの主成分カフェインの取り過ぎは健康に害を及ぼす?カフェインの効能と副作用

http://www.naturalcoffee.jp/img/coffeecup.gif

朝起きたら、まずコーヒーか紅茶を1杯と言う方も多いはず。
その中に含まれる「カフェイン」に脳の覚醒作用や利尿作用など様々な効果があることは既に知られている事実でしょう。

しかし、そのカフェインには中毒性があり、知らず知らずのうちに「依存症」に陥る危険性があります。

カフェインがもたらす効能と摂り過ぎに伴う副作用などを解りやすくまとめてみましょう。


【適量摂取時の効果】

目覚まし効果

朝、起きたばかりの時に飲む1杯のコーヒーや紅茶などは、目覚まし効果があり非常に有効的です。
カフェインは興奮剤の一種であり脳の中枢神経に働くため、眠気を抑え仕事の効率も上がります。またカフェイン摂取後、覚醒効果を発揮するまでに30分のタイムラグがあるため、昼休みに30分の昼寝をする場合などは昼寝前に摂取することがベストです。

頭痛の緩和

カフェインには一時的に血管を収縮させる作用があるため、ドラッグストアなどで市販されている頭痛薬や鎮痛剤にもカフェインが含まれております。また血管収縮作用の影響により脳卒中のリスクが低くなると言われております。

筋肉疲労の回復

カフェインは骨格筋を刺激するため筋肉の力が高まり、運動を促す結果になるため運動能力の向上や疲労回復力が増します。更にカフェインには血流をよくする効果もあるため、筋肉の疲労物質である「乳酸」を体内に溜まりにくくする作用があります。これらが疲労回復力を高める効果に繋がります。

【過剰摂取時の副作用】

胃痛を誘発する

カフェインには胃液の分泌を促す働きがあるため、空腹時にカフェインを摂取すると胃液が分泌され、攻撃因子が防御因子を上回り胃の粘膜に炎症を起こす結果となり、俗に言う胃が荒れた状態に陥ります。

貧血

カフェインには鉄分だけでなく亜鉛やミネラルの吸収を阻害する性質があるため、コーヒーや紅茶を好まれる方は貧血になりやすいと言われています。特に女性の場合は鉄分不足になりやすいので、食事の前後にコーヒーなどのカフェインを多く含む飲み物は控えるべきとされております。

不眠症の原因

カフェインは興奮剤の一種のため、それを含んだ飲み物が体に入ると興奮状態になり、眠りにくくなるだけでなく、睡眠の質を下げる原因にもなります。慢性的になると不眠症になる危険性があります。

自律神経を乱す

体を活動させる交感神経に興奮剤の一種であるカフェインを摂取し続けると、心拍数の増加や血圧の上昇が日常的に続く状態となり、常に興奮した状態に陥ります。その影響で自律神経はバランスを崩し、倦怠感や気分の落ち込みなど身体的な症状が現れます。


カフェインの適度な摂取は、一般的な社会生活をしていく上で有効な手段と言えますが過度の摂取は非常に危険な状態を引き起こします。
特に妊娠中の女性のカフェインの過剰摂取は胎盤を通じて栄養素が送られなくなり、その結果、低酸素状態となった胎児は発育障害や死亡に至るケースもあるため注意が必要です。